カノープスMTVX新製品 - A/V分離チューナー搭載、デジタル放送録画も対応

石川正道  [2004/07/21]

カノープスは、ハードウェアMPEG-2エンコーダ搭載高画質TVチューナーボード「MTVXシリーズ」の新製品「MTVX2004HF」を発表した。発売日は8月上旬で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は29,800円前後(税込み)。

「スプリットキャリアチューナー」搭載、デジタル放送対応のMTVX2004HF

MTVX2004HFは、MTVシリーズの原点に戻る高画質化機能を前面に出した製品。目玉機能として、PC用TVチューナー製品では初という、映像信号と音声信号を分離して処理をする「スプリットキャリアチューナー」の搭載と、3DY/C分離と3Dノイズリダクションを同時に利用できる「W3D」機能を搭載している。

映像と音声が混合された信号を早い段階で分離することで、クリアな状態のまま適切な処理を行うことができる。このスプリットキャリアチューナーの効果で、従来製品以上の高品位な映像/音声表現が可能になったという。また、W3D機能で色にじみが少なく、ノイズの少ない映像が可能となり、加えて10Tapゴーストリデューサーがゴーストも軽減させる。

また、MTVX2004HFのもうひとつの特徴はデジタル放送対応。付属のコンポーネントケーブルを通じて外部のデジタルチューナーからの映像(D1出力)を入力することが可能となっており、地上/CS/BSの各チューナーを用意することでデジタル放送を録画保存できるようになった。コピーワンス(CGMSA)の録画では、製品個別のIDを利用し、同製品を使用している環境からのみ再生が可能という。そのほか、ラインタイムベースコレクタが復活しており、アナログビデオ映像の高画質録画にも効果を発揮する。最大ビットレートは25Mbps。

コントロールソフトには同製品専用ともいえるデジタル放送録画に対応した「FEATHER2004D」が付属する。アナログ放送ではほぼ従来のFEATHERと同様だが、デジタル放送に関してはコンテンツ保護の関係もあり「X-TransCoder」が利用不可となっている。「X Pack2」自体は利用可能だ。

FEATHER2004D

MTVX2004HFの最低必要環境は、Pentium III 600MHzまたは同等以上の性能を持ったCPUと128MB以上のメモリ、UltraATA/33接続以上のNTFSでフォーマットされたHDDなど。インタフェースはF型チューナー入力とSビデオ入力端子が2系統(変換コネクタでコンポーネント入力に対応)、オーディオ入力がステレオミニジャック2系統。MPEGエンコード部の画素数は最大で720×480、ビットレートは最大15Mビット/秒(Iフレームのみの場合は最大25Mビット/秒)。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

坂上忍、小林麻耶の体調は「大丈夫そう」- 現状明かす
[18:58 5/24] エンタメ
スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入
[18:52 5/24] 企業IT
ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始
[18:50 5/24] テクノロジー
読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献
[18:41 5/24] 企業IT
熊本地震被害は最大4.6兆円 - 内閣府試算
[18:37 5/24] マネー

特別企画 PR