FOMA、500万契約の大台を突破 - 2カ月たたず100万増加

  [2004/07/20]

500万契約を突破したFOMA。写真は「F900iC」

NTTドコモの第3世代携帯電話サービス「FOMA」の契約数が7月19日で500万を突破した。5月31日の400万契約突破から2カ月経たずに100万契約増加したことになる。900iシリーズの端末が出そろい、6月からはパケット定額制の「パケ・ホーダイ」を開始するなど、環境が整ってきたことが好調の要因とされ、来年3月末時点での1,060万契約突破の目標に向けて順調に契約数を拡大している。

FOMAは、2001年10月の本サービス開始後、しばらく契約数が伸び悩んでいたが、2004年1月29日に200万契約を突破して以降、ほぼ2カ月ごとの割合で契約数100万増を続けており、3月30日に300万、5月31日に400万契約を記録、今回は1カ月半強での100万増を達成した。

当初発表されていた900iシリーズがすべて登場したあとも、さらにP900iV、N900iS、F900iTといった端末を次々とリリースしたほか、定額制のパケ・ホーダイも開始、いずれも順調に推移しているという。また、6月末までに都内地下鉄全駅で利用可能になるなど、環境整備も着実に進められている。7月からは非接触IC内蔵の「おサイフケータイ」も開始しており、FOMA端末は1モデルながら、こちらも今後の売り上げが注目される。

ドコモの6月末の契約数(電気通信事業者協会調べ)では、純増数で久しぶりにauを抜いて1位になっており、そのうちFOMAは57万2,600増と好調。来年3月末の1,060万契約達成という目標は、現時点で変更の予定はないそうだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Mophie、iPhone 6/6sシリーズ用のワイヤレス充電対応バッテリーケース発表
[10:44 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016(番外編) - 今年は美人系のお姉さん多し!! コンパニオンさん写真特集 ~開幕版
[10:34 6/1] パソコン
NTTデータと日立造船、IoTを活用した遠隔監視技術確立に向け実証実験
[10:31 6/1] 企業IT
【特別企画】今さら聞けないIT資産管理 (9) ちょっと待って! ソフトウェアのライセンス管理(応用編)
[10:30 6/1] 企業IT
MySpaceから漏れた可能性があるパスワードトップ55
[10:30 6/1] 企業IT