新しくなったG5スパコン「System X」が稼働開始

海上忍  [2004/07/14]

米バージニア州立工科大学のTerascale Computing Facilityは12日(米国時間)、Apple Computerの1Uサーバ「Xserve G5」をクラスタ化したスーパーコンピュータ「System X」(通称 : Big Mac)が稼働初期段階に入ったことを明らかにした。本稿執筆時点の同大学Webサイト上にあるシステムステイタス情報欄には、組み立てが完了したことを意味する「Assembly - Completed!」と、システム稼働の初期段階にあるとわかる「System Stabilization - In Process」の表示を確認できる。最初のベンチマークの測定は19日に開始される予定。

Power PC G5を2基搭載し、1Uサイズに納めたApple ComputerのXServe G5

写真のラックには15基のXserveと3基のXserve RAIDが収納されている。System XにはXserveが1,100台採用されている、XserveがPower Mac G5より小型といえども……

1,100台のPower Mac G5をクラスタ化した初代System Xは、2003年秋に稼働開始、演算能力は10.28TF(1テラフロップス=毎秒1兆7000億回の浮動小数演算)と高く、2003年11月におけるトップ500スーパーコンピュータサイトのランキングでは第3位をマークし、ハイパフォーマンスコンピューティング分野におけるAppleの評価を高めることに貢献した。なお、その際の1位は日本の海洋研究開発機構(当時は海洋科学技術センター)の「地球シミュレータ」(35.86TF)、2位は米ロスアラモス国立研究所の「ASCI Q」(13.88TF)。

今回のリプレースの目的は、パフォーマンスの向上と拡張性の確保にあるという。そもそもSystem Xの初期コストは低く、トップ500で1位の地球シミュレータが約2億5千万米ドル、2位のASCI Qが約2億1千5百万ドルと価格も"スーパー"であるのに対し、System Xはわずか520万ドル。学生ボランティアを中心としたチームにより構築されたことを差し引いても、その圧倒的なコストパフォーマンスが話題となった。

しかし、薄い1UサーバのXserve G5が発表されるや否や、1,100台のマシンすべてのリプレイスが決定。Xserve G5の採用により設置スペースが3分の1に減るほか、冷却効率の改善と消費電力削減のメリットがある。リプレイス計画は今年1月に発表されていたが、Xserve G5に搭載されるPowerPC 970FXの出荷遅延に伴い、System Xの稼働スケジュールも遅れていたもの。




IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス

求人情報