外付けHDDケースがそのままMPEG再生BOXに変身 - 挑戦者が新製品を公開

 

アイ・オー・データ機器は14日、パワーユーザー向けブランド「挑戦者」の新製品として、MPEG再生・テレビ出力機能を搭載したHDDケース「Movie Tank」など、各種外付けドライブケースを公開した。オープン価格で7月末より順次発売する。なお、挑戦者ブランドの製品では同社によるサポートが提供されないので、「自分で問題を解決できる自信のある方のみご購入ください」(同社)とされている。

今回発表された新製品

製品名 製品概要 予想店頭売価 発売時期
Movie Tank TV出力搭載3.5インチHDDケース 16000円前後 7月末
SOTO-HDZUE 3.5インチHDDケース(4台用) 30000円前後 7月末
SOTO-HD3.5XUE 3.5インチHDDケース(1台用) 9000円前後 8月末
SOTO-HD2.5XUBS 2.5インチHDDケース(1台用) 9000円前後 7月末
SOTO-DVPUE スリム光学ドライブケース 8000円前後 7月末
(全製品ドライブは別売)

PCでHDDに録画、そのままテレビにつないで再生「Movie Tank」

「Movie Tank」はUSB2.0に対応した外付けHDDケースだが、HDD内のMPEG-1/2およびMPEG-4(AVI)ファイルの再生が可能で、背面のビデオ出力端子を通じて動画をテレビ出力することができる。デコーダーとしてSigma Designs製「EM8501」を搭載し、動画のほかにもMP3ファイル、JPEGファイルの再生に対応。操作は付属のリモコンで行う。

「Movie Tank」。放熱性にも優れるアルミケースを採用

付属リモコン

内蔵可能なドライブは40~250GBのIDE接続HDD。画面にはHDD内のファイル名とディレクトリ構造がそのまま表示され、日本語のファイル名も文字化けすることがないので、PCユーザーが使用しやすいファイル管理体系となっている。USBマスストレージクラスに対応したOSであればドライバ不要でPCに接続可能(同社ではWindows 2000/XPを推奨)。対応ファイルシステムはFAT32で、同社サイトにてフォーマットツールが提供される予定。

メインメニュー画面。左からビデオ、MP3、JPEG、プレイリスト、セットアップ

写真では便宜上「MPEG1,2,4」などのフォルダ名になっているが、もちろん任意のフォルダ名が利用可能

1080iまでのコンポーネント出力に対応

デコーダーはSigma Designs製EM8501。同社製チップは「LinkPlayer」にも搭載されている

通常はPCに接続しておき、録画したファイルを保存するドライブとして利用すれば、テレビに接続するだけでPCを起動しなくてもMPEGファイルの再生を楽しめる。コンポジット/Sビデオのほか、480p/720p/1080i対応のコンポーネント出力を装備しているので、D4までのD端子入力付きテレビにコンポーネント信号で接続できる。

内部と背面端子の様子

「4コイチ」HDDケースやスリムドライブ用ケースなど

挑戦者の主力製品でもあるドライブ外付けケースの「SOTO」シリーズでは、4台のHDDを搭載できる「SOTO-HDZUE」、スリム光学ドライブを外付けドライブ化する「SOTO-DVPUE」などが登場した。

SOTO-HDZUEは、4台のHDDを1台の大容量HDDとして利用できるHDDケースで、USB2.0またはIEEE1394経由でPCと接続することができる。ケース内温度に応じてファン回転数が変化するファンコントロール回路や、PCの電源に連動してドライブの電源がON/OFFする機能などを搭載する。

4台搭載の「SOTO-HDZUE」

1台用の「SOTO-HD3.5XUE」

SOTO-DVPUEは、スリム光学ドライブを外付けポータブルドライブとして利用するためのケースで、こちらもUSB2.0とIEEE1394の両インタフェースに対応。PCのON/OFFと連動するオート電源機能や、接続インタフェースにより、USB2.0はブルー、USB1.1はグリーン、IEEE1394はオレンジと変化するインジケーターなどを搭載するほか、縦置きスタンドが付属する。

スリムドライブをUSB/IEEE1394ポータブルドライブにする「SOTO-DVPUE」

2.5インチHDD用ケース「SOTO-HD2.5XUBS」

いずれの製品もノーサポートのため、対応するドライブは明記されていないが、同社サイトでは掲示板やユーザー投稿による動作確認データベースなどで対応状況の情報交換が行われている。また、スリム光学ドライブについては、市場に流通している製品の一部でスレーブに設定されているものがあり、その場合SOTO-DVPUEでは動作しないことがわかっているという。

IDEのHDDでホットスワップを実現するコントローラー

商品化の予定はまだ決まっていないが、参考として公開されたのが、起動中にIDE HDDの交換を可能にするコントローラー「Change Tank」。プロトタイプは3.5インチベイ内蔵機器の形をしており、マザーボードのIDEポートとHDDの間に接続することにより、Windows起動中にHDDの停止・交換が可能になる。

Windows上ではリムーバブルディスクとして認識される。データ信号はスルーし、制御信号のみをコントロールするので、パフォーマンスの低下もないという。商品化にあたっては、今回公開された3.5インチベイ内蔵型のほか、リムーバブルケースに機能を一体化するといった形も考えられるとしている。

「Change Tank」のプロトタイプ

OSからはリムーバブルディスクとして認識される

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KinKi Kids新アルバム、週間ランキング初登場1位に! 13.1万枚売上
[04:00 9/27] エンタメ
テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー