魅力をぎゅっと凝縮 - かわいくなったiPod「iPod mini」

 

iPod mini。写真の4色のほかにゴールドもラインナップされ、5色のカラーバリエーションとなっている

先般、アップルコンピュータよりiPod miniの日本における発売日と価格が正式に発表された。iPod miniは、4GBのHDDを内蔵し1,000曲(※)という大量の高音質な音楽ファイルが保存可能ながら、91.4×50.8×12.7mm・103gという小型軽量な本体を実現している。価格は28,140円で24日の発売だ。発売日には"Apple Store, Ginza"において記念イベントも行われる。
(※ : 記憶容量は、演奏時間4分の曲を128KbpsでAACまたはMP3エンコーディングした場合のファイルサイズを基準にしている)


iPod miniは小型で軽いことが特徴だ

これまでのiPodはPCとともに使うということもあって、同社プロダクトマーケティングiPod/Music Application担当課長の小西達矢氏によれば「PCに精通した20代後半の男性ユーザを中心に」売れてきたという。これに対して、iPod miniは5色のカラーバリエーション展開と小型軽量なボディを活かして、女性を中心とする新しいユーザを獲得し、ユーザ層の拡大を見込むことのできる製品として投入される。

1,000曲はいると様々な楽しみが

iTunesによりPCになれない人でも扱いやすい

これを受けて、本体のデザインは従来のiPod以上にファッション性が意識され、常に露出して持ち歩くことが想定されている。機能的な面でも、液晶ディスプレイのコーティングにより傷が付きにくくなっているほか、ディスプレイ面を本体サーフェスよりも窪ませることで、ディスプレイを下にしておいた場合にもディスプレイを痛めにくいような配慮がなされ、本体もクリアアクリルとステンレスによるiPodから変わり、酸化皮膜処理を施したアルミニウム製で汚れやキズにも強くなっている。内蔵バッファにより25分間分の再生データを蓄え、HDDの回転時間を抑えることで耐衝撃性に優れたものとしているという。同社では、価格も税込みで30,000円を切る低価格に押さえ、新規ユーザの気軽な購入を見込んでいるという。

iPodよりも持ち運びに適する頑丈なボディとなった

2001年10月、同社がiPodを発表したとき、iTunesとの連携やAuto-Syncによる容易な音楽データの同期、FireWireによる高速な転送は市場から好評を得た。これらの特徴はiTunesの進化やUSB 2.0のサポートなど拡張を続けながらiPod miniにも引き継がれている。初代iPodを特徴づけていたホイールによる操作インタフェースは、第2世代のiPodでタッチホイールとなり、iPod miniではタッチホイールの周辺部に再生・停止・曲送りなどを行うメカニカルスイッチを内蔵した新しい形となりながらも引き継がれている。iPod miniでもiPodと同様に親指1本でコントロールでき、右手でも左手でも操作できるインタフェースを実現している。

iPodから優れたインタフェースを踏襲している

HDDの容量は4GBとiPodに比べると少なくなっている。これを補うべく、iTunes 4.5からユーザのライブラリより少ない容量のiPodを接続するとiTunesが自動的に容量に合わせたプレイリストを作成してくれる機能が搭載された。ユーザは初回接続時にこの機能を利用するかどうかを選択することができ、使用を選択した場合はユーザが聞く頻度の高いファイルから4GBを選んでiPod miniに転送してくれる。普段からiTunesで音楽を聞くユーザならば、好みの曲をiTunesが自動的に選んでくれるというわけだ。もちろん、これまでのようにユーザが明示的にファイルやプレイリストを選択して転送を行うことも可能。搭載される液晶ディスプレイもiPodのものよりも小さくなり、曲の再生時にはアルバム名が表示されなくなった。表示フォントも若干小さくなっている。メモを記録したテキストファイルを閲覧する機能やゲームは引き続き搭載している。

iPodとiPod miniの違いはサイズや容量、外観だけではない。サードパーティによる豊富なアクセサリはiPodの魅力の1つとなっているが、iPod miniではボイスレコーダとフォトストレージには対応していない。しかし、車載用アダプタなどはiPod miniでも用意されており、同社では引き続き周辺機器市場の拡大を続けていく意向を示している。

サードパーティによる豊富なアクセサリもiPodファミリーの魅力だ

同社では「アップルが目指す世界を体験できるのは白いiPod」と、iPod miniは「入門用」と位置付ける。安価で親しみやすいiPod miniはHDDを搭載しiTunesとの連携と独自の操作インタフェースによる使い勝手を実現するiPodファミリーの利点をより広いユーザに知ってもらうものというわけだ。

安価で親しみやすいiPod miniにより、より広いユーザをターゲットに

スライドではわかりにくいが、背面に好きな文字を入れることのできるパーソナライズサービスも2,200円で実施される

底面にはPCとの接続用コネクタポート。オプションでドックも用意される

背面は丸く処理されている

上面にはホールドボタンやイヤホンジャック

グリーンは美しい色調

ピンクはかわいいイメージ

ゴールドはシックな仕上がり

ブルーは若々しいイメージ

背面にはアップルマークが

iPodと比べても小さくなった

掌にのるサイズ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「恵比寿鯨祭」にクジラのパクチーユッケも! 全国の捕鯨地域とコラボで開催
[05:30 9/29] 趣味
ホリ「偽物から本物になれて嬉しい」『タイムボカン24』取材会でモノマネ披露
[05:00 9/29] エンタメ
『やりすぎ都市伝説』LINE LIVE開催!関暁夫が“異次元空間”から生配信
[05:00 9/29] エンタメ
渡辺麻友、逆転勝利で主演獲得「悪役やちょっと変わった役にも挑戦したい!」
[05:00 9/29] エンタメ
[タイムボカン24]主要キャストが意気込み語る 作品の見どころは…
[05:00 9/29] ホビー