初のストレート型AirH"PHONE「AH-J3003S」が日本無線から登場

日本無線はストレートタイプのPHS端末、AirH"PHONE「AH-J3003S」を発表した。SSL対応Webブラウザのほか、複数のメールアドレスの使い分けができる機能などを搭載。カラーはオブシディアンブラックとポーラーシルバーの2色が用意される。オープンプライスで15日発売予定。実売想定価格は7,000円前後。

「AH-J3003S」オブシディアンブラック(左)とポーラーシルバー

今回発表されたAH-J3003Sは、外形約129×44×16.5mm、重量約79gのストレート型。ストレート型端末はAirH"PHONEとしては初で、DDIポケット向けのPHSとして見ても、通話先限定端末などを除けば2001年の「KX-HS110」(九州松下電器)以来3年ぶりの登場。ボディには1.8型STNカラー液晶(128×160ドット)が搭載され、5パターンから画面配色を選ぶことができる。

Compact HTML対応のWebブラウザ「Compact NetFront」を採用。通常のWebサイトなら一部を除き50KBまでのページ閲覧が可能。またSSLにも対応するため、インターネットショッピングでの利用も可能とされている。2基のアンテナのうち電波状態の良いものを自動的に選択するダイバシティ機能を搭載し、安定した通信を実現できるという。

また、POP3/SMTP対応メーラーを搭載しており、pdx.ne.jpドメインのアドレスを含めた合計3つのEメールアカウントを設定できる。最大受信文字数は全角で10,000字、送信は同2,500字となっている。

USB端子(A to Mini-Bタイプ)を搭載し、同梱のケーブルでPCと接続すれば、インターネット接続や急速充電ができるほか、端末内のメール・電話帳・Eメールアドレスなどのデータをバックアップすることが可能だ。

このほか、事務所用コードレスシステムのPBX(構内交換機)への登録により内線電話としても使用できるオフィスモードや、台湾・タイでの国際ローミングにも対応している。

連続通話時間は約6.5時間。通信方式は32kパケット方式、フレックスチェンジ方式、32k PIAFS、64k PIAFS、接続するPCのOSはWindows Me/2000/XP、Mac OS 9.2~9.2.2およびMac OS X 10.1.5~10.3.3に対応している。

従来機種との比較

機種名 AH-J3003S AH-J3002V AH-K3001V
メーカー 日本無線 京セラ
外形寸法 約129×44×16.5mm 約49×94.5×24.5mm 約49×98×20.8mm
重量 約79g 約96g 約97g
連続待受時間 約500時間 約800時間 約400時間
連続通話時間 約6.5時間 約8時間 約4時間
メイン液晶 1.8型/128×160 2型/128×160 2.2型/240×320
サブ液晶 96×32 97×17
カメラ 11万画素CMOS
Webブラウザ Compact NetFront Opera

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事