高速検索のメールソフト「Bloomba」にカレンダー機能追加

 

米Stata Laboratoriesは、高速検索機能を備えたEメールソフト「Bloomba Personal Edition」の最新版を発売した。価格は59.99ドルで、バージョン2.0ではカレンダー機能が追加された。

機能は豊富になったが、デザインが改善されて使いやすくなったBloomba2.0

2.0で追加されたカレンダー機能

検索機能をベースにデザインされたBloombaでは、GoogleのGmail同様、"メールを整理しない"というのが正しい使い方となる。検索機能は、通常のメールソフトと比べて、スピードが速いだけではなく、細かな条件設定が可能。無造作にため込んだ大量のメールの中から、必要なメールを短時間で効率的に探し出せる。同機能は、Gmailが対応していない添付ファイルの内容、さらにはアドレス帳や新たに追加されたカレンダー機能の検索にも利用できる。

Stata Labsは、Personalバージョンのほか、「Bloomba Professional Edition」を7月に発売する予定だ。価格は89.99ドル。エンタープライズ向けとなるProfessionalバージョンは、WebDavサーバなどWeb共有サーバに対応した「Meeting Schedule」「Shared Calender」などの機能を搭載。また、Palm OSデバイスとのPIMデータの同期が可能になる。

Yankee Groupが今年1月にリリースしたレポートによると、従業員2人から499人の会社を対象とした調査で、43%が「Microsoftの製品やサービスへの依存」に不安を感じていると回答した。Stata Labsは、Microsoftの「Outlook」の代替ソフトを探しているユーザーをターゲットにしており、Bloomba バージョン1.0のリリースでは、高速検索機能、RSSリーダー機能、同社の対スパムソフトウエア「SAproxy」の統合など、オリジナリティをアピール。バージョン2.0では、Outlookに及ばなかったPIM機能を強化した。

ユーザー数は少ないが、熱心なファンが存在し、"使いやすいメールソフト"として一部で高く評価されている。ただし、英語版では日本語を利用できない機能が多く、日本語対応が望まれるところだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJ、北米フェリーフライト中止/飛行再開未定--空調システムの監視機能に故障
[17:36 8/28] 趣味
「仮面ライダーエグゼイド」フィギュアに高可動&低価格の新ブランドが登場
[17:30 8/28] ホビー
iPhone基本の「き」 第212回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - 会社に着いたらアレを忘れないためのリマインダー
[17:27 8/28] スマホとデジタル家電
[大竹しのぶ]撮影中に本気で殴った相手とは? 「後妻業の女」で主演
[16:48 8/28] エンタメ
EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー
[16:44 8/28] スマホとデジタル家電