独走Googleに迫る2位集団 - S&PのIPO直前レポート

Yoichi Yamashita  [2004/06/10]

検索市場においてGoogleは圧倒的なリードを保っているが、2位以下は虎視眈々と差をつめる機会を狙っている。Standard & Poor's Equity Research Serviceが「Google Pre-IPO Report」という調査レポートの中で、Googleのサービスの多様化が独走状態を崩す可能性を指摘している。

レポートは、2004年4月14~19日に1,000人以上の検索エンジンユーザーを対象に行った調査インタビューを分析して作成された。統計結果を見ると、Google利用者は全体の48%で、20%で2位につけたYahoo!を大きく引き離した。以下、MSN(14%)、AOL(7%)と続く。Googleユーザーの多くは、検索キーワードに対する結果の関連性の高さ、正確さを選択の理由に挙げていたそうだ。

検索エンジンに対するユーザーの満足度は高く、全体の83%が「現在使用している検索エンジンに大変満足している」と答え、63%が2年以上にわたって同じ検索エンジンを使い続けている。ユーザーの検索エンジンの選択が固定される傾向にあるのは、過去2年のGoogleの優位性を反映した結果と言える。だが、「より優れたサービスが出てきたら検索エンジンを乗り換えるか?」という問いに対して、Googleユーザーの63%が「乗り換える」と答えている。また、Googleがベータテストを行っている容量1GBの無料Webメールサービス「Gmail」は、「ぜひとも使いたい」が8%、「検討してみたい」が15%にとどまった。

Standard & Poor's Equity Research Serviceは、2004年にGoogleの売上げは倍近くまで伸びると予測するが、サービス拡大の影響で利益幅は縮小すると見ている。新製品やサービスを展開する難しさに加えて、企業の歴史の浅さ、Yahoo!やMicrosoftとの競争激化などを不安材料に挙げている。さらにダッチオークション方式を採用したIPO(新規株式公開)の前例の少なさを指摘。同グループは、現時点のGoogleの市場価値を330億~400億ドルと推定している。

7日にリリースされたGoogle Pre-IPO Reportはパート1で、Standard & Poor'sは8月にダッチオークション方式に焦点を当てたパート2をリリースする。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 知りたいことをすばやく調べる(1)
[15:44 5/30] パソコン
千葉県船橋市「ビビット南船橋」で日本初のニトリ、大塚家具が同フロア出店
[15:07 5/30] ライフスタイル
[日本テレビ大久保好男社長]「笑点」新司会の昇太に期待 三平の加入で「番組のカラー豊かに」
[14:55 5/30] エンタメ
[石橋杏奈]吉野家新CMのエピソード明かす 三角巾姿は「新鮮でした」
[14:54 5/30] エンタメ
サンディスク、メインストリーム向け2.5インチSATA SSD - 5,000円程度から
[14:37 5/30] パソコン

特別企画 PR

求人情報