米Microsoft、DRM技術Janusに対応する「WMP 10」ベータの配布開始

 

米Microsoftは、「Windows Media Player(以下WMP) 10」のテクニカルベータの配布を開始した。5月に開催された「Windows Hardware Engineering Conference (WinHEC) 2004」で、同社グループ副社長のJim Allchin氏は、「2004年後半にはメディア・エクスペリエンスの波がやってくる」と予告していた。その中心となるのが、WMPのメジャーアップグレードである。

WMP 10は、「Janus」というコードネームで開発されているデジタル著作権管理(DRM)技術をサポートする。これにより幅広い種類のポータブルデバイスとの間でデジタルコンテンツの受け渡しが可能になる。例えば、Roxioが米・欧で提供しているデジタル音楽配信サービス「Napster」では、月々9.95ドル(約1,100円)のサブスクリプション・サービスを契約すれば、自由に楽曲をPCにダウンロードして再生できる。そして、ユーザーが契約を打ち切ると、DRM機能によって、自動的にダウンロードした楽曲は利用できなくなる。

このようなサブスクリプション・サービスには、豊富な楽曲を楽しめるという利点がある一方で、PC以外では利用できないという欠点があった。だが、WMP 10とJanus対応のポータブルプレイヤーを使えば、サブスクリプション・サービスの楽曲でも、サービス内容を反映させた形でポータブルプレイヤーに転送できるようになる。

「再生中」「ライブラリー」「録音」「書き込み」「同期」「ガイド」などのボタンが上部に並ぶWMP 10

WMP 10の機能をフルに活用するにはポータブルメディア側の対応も必要。上は今年後半に登場するPortable Media Center「Creative Zen」

現在、デジタル音楽市場をリードするAppleは、これまで利用範囲の狭いサブスクリプション・サービスの欠点を指摘して、iPodと連係するiTunes Music Storeを成功させた。だが、月々9.95ドル程度のサービスで、常に70万曲を超える楽曲をポータブルプレイヤーに転送できるとなると、消費者が再びサブスクリプション・サービスを評価し始める可能性がある。また、Allchin氏はWinHECで、「iTunes-iTunes Music Store-iPod」という組み合わせしか選べないApple製品に対して、Microsoftのデジタルコンテンツ・ソリューションが多様なサービスとポータブルプレイヤーを結びつけるメリットを強調していた。WMP 10では、Napster、MusicNow、CinemaNowなど、同プレイヤー対応のデジタルコンテンツ配信サービスに直接リンクする「Digital Media Mall」が用意される。

プレイヤーのインタフェースも使いやすさに重点をおいた改善が施されている。ライブラリーの表示、録音、デバイスとの同期、ガイドなど、利用方法を分類するボタンがプレイヤー上部に設けられ、ユーザーは一連の流れとして操作を完了できる。インテリジェント機能が要所に配されているのも特徴の一つだ。例えば、デバイスとの同期機能では、各デバイスのメディア容量に合わせて、「256MBの範囲で5つ星の曲を中心に選択」というような柔軟な指定が可能。楽曲の整理・選択をサポートする各種スマートジュークボックス機能も強化されている。

なお、ダウンロードサイトは こちらになっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー