鳥インフルエンザや狂牛病対策に、アジア各地でRFIDを導入へ

カナダのAdvanced IDは、マレーシア、フィリピン、シンガポールにおいて、RFID(無線ICタグ)を利用した家畜などの追跡管理システムの導入が検討されていることを明らかにした。鳥インフルエンザや狂牛病を始めとする各種疫病対策に成果を上げることが期待されている。

すでに同社は、牧場や養鶏場、大学などの研究所や動物園、各政府機関といった、3,000を超える企業団体に向けて、RFIDを用いた管理システムの供給を行っているとされ、カナダ国内では、RFIDによるペットの追跡管理システム「PETtrac」の導入が進みつつあるという。Canadian Veterinary Medical Association(CVMA)もPETtracを正式に認可しており、国内の動物病院を中心としたサポート体制の充実が期待されているようだ。

先日、同社は新たに、マレーシアおよびシンガポール政府の農務省関係者や、フィリピンの大手食品業者となるSan Miguelの主獣医との会合を通じて、RFIDを利用した家畜の追跡管理システムのデモンストレーションを行っており、各国で評価プログラムの実施が検討されているという。鳥インフルエンザ、狂牛病、口蹄疫、脳炎の蔓延が東南アジアでは懸念されており、家畜の正確な追跡管理を可能にするシステムの導入が当面の課題とされているようだ。

同社の取締役会長を務めるSeymour Kazimirski氏は、これまで台湾とタイにおいて、同社のRFIDによる管理技術が認められてきたことを引き合いに出しながら、新たに、マレーシア、フィリピン、シンガポール市場でも普及が進むことへの期待を表明した。米農務省の海外農業部(Foreign Agricultural Service)の統計データによれば、フィリピンで飼育されている豚は1,230万頭、畜牛は560万頭、マレーシアで飼育されている豚は170万頭に上るという。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報