アマチュア無人ロケット宇宙へ、CSXTが打ち上げに成功

 

5月17日の午前11時12分(現地時間)、米ネバダ州のブラックロック砂漠で米CSXT(Civilian Space eXploration Team)が、民間人のロケット開発プロジェクトとして初めて宇宙へのロケット打ち上げに成功した。

打ち上げられたのは、「GoFast Rocket」と呼ばれる全長約6.5メートルの無人ロケット。CSXTは元ハリウッドのスタントマンKy Micaelson氏を中心にしたアマチュアのロケット開発チームで、GoFastの開発には約25人が参加。6カ所で製作を進めていたGoFastを、ブラックロック砂漠で組み上げて、打ち上げに挑んだ。

CSXTは過去に2回ロケットの打ち上げに挑んでおり、2000年には高度13キロを突破したところで翼が折れてしまった。2002年の挑戦では、打ち上げ後、わずか3秒で動力に異常が生じて爆発した。

3度目の挑戦となる今回の目標は高度100キロ突破である。 これは国際航空連盟(FAI:Federation Aeronautique International)による宇宙の定義が"高度100キロ以上"となっているためだ。この目標を突破するための課題は、動力源の耐久性だった。トラブルなく時速6,500kmに達すれば、その勢いで高度100キロに到達できる。

チーム・メンバーが動力モニターを注視する中、GoFastはわずか9秒で時速6,500kmに到達。そのまま高度を上げて高度100キロを突破して下降した。打ち上げの全行程はおよそ15分だった。

米連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)が打ち上げに立ち会い、その様子をモニターしていたが、記録は非公式のままである。FAIに該当するカテゴリーがなく、今後CSXTの成果の取り扱いが検討されることになる。

民間によるロケット開発は、長い間、使用燃料の制限や飛行許可などが障害となっていたが、ここ数年で現実性のあるプロジェクトがいくつも誕生し、飛行ライセンスも認められている。5月13日には、SpaceShipOneが上空からの打ち上げによる有人飛行で、高度約64キロの飛行に成功したばかり。民間人による有人宇宙飛行の成功も間近と見られている。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東京メトロ「Find my Tokyo.」キャンペーン第2弾、石原さとみが麻布十番に
[18:54 7/1] ホビー
JALオリジナル「Pontaカード」が登場
[18:51 7/1] マネー
東京メトロ日比谷線神谷町駅直結のオフィスビル建設へ - 2018年完成めざす
[18:43 7/1] ホビー
東急東横線渋谷駅、発車メロディがドラクエの「序曲」に! 7/5から期間限定
[18:37 7/1] ホビー
「京王帝都電鉄2400形」鉄コレがもらえる「京王電車スタンプラリー」を開催
[18:32 7/1] ホビー

求人情報