発表から日をおかず、早くもRADEON X800のリテールパッケージが秋葉原に並ぶ!

CRN  [2004/05/11]

先週末予告されていたとおり、月曜日の昼過ぎから秋葉原の複数のショップに「RADEON X800PRO」を搭載した製品が並んでいる。今回入荷しているのは、Sapphire製リテールパッケージで、パッケージには「R-X800 PRO 256M DDR AGP TVO/DVI」と表記されている。

従来のパッケージにもいた液体金属風の怪しい宇宙人が、今回もパッケージに採用されている

ボードの外見は従来のRADEON9800シリーズと比べて大型化したという雰囲気は無く、クーラーも薄型のまま。補助の電源供給のためにドライブ用電源コネクタが1つ搭載されているのも従来通りとなっている。付属品は、ドライバCD、DVD再生ソフト、ゲームソフトなどおなじみの顔ぶれに、Half-Life IIのカード。こちらは残念ながらまだソフトが登場していないため、製品が発売されたときの引き替え用カードだ。あとは電源分岐ケーブルや、S端子ケーブル、コンポジットビデオケーブル、そしてS端子をRGB3本のコンポジット端子に分岐しているらしきケーブルも付属していた。

赤い基板に薄く大きめのクーラーが装着されており、従来とデザインの方向性は同じ

入荷していたショップの価格をみていると54,800~57,600円あたりで販売しているところが多く、価格の割に好調な滑り出しを見せていた。「初物だけに価格はちょっと高めだが、それをわかった上で買っていく初物ねらいの人が多い」とはショップスタッフ。この価格ながら10本近く入荷していたショップでも売れ切れ間近となっているところもあり、5本前後の入荷だったショップでは、1日たたないうちに売り切れになっているところも多かった。また、現物を見る前からWeb通販や電話での取り置きが入ることも多かったそうで、予約取り置き分の数が多かったのもスタートダッシュが好調な理由となっている。

詰め込まれた付属品の数々。ソフトだけでなくケーブルの種類も豊富だ

パッケージに入っているときはこのような状態

今週は取材していた火曜日に再入荷予定のほか、週末に向けてバルク品が入荷する予定もあるそうだ。ただ、バルク品といっても初物だけに、現在並んでいたリテール品とは、ほとんど価格が変わらない可能性が高いそうだ。どちらにしても、この週末まで商品が残っているかは、現在の売れ行きをみていると微妙なところといえそうだ。

取材日入荷分のおかげで、まだ棚に複数並んでいるショップもあった

今週登場してくるのもSapphire製品が中心ということだったが、来週になると他のサードパーティー製品も登場してくる予定だ。またその後には、上位モデルの「RADEON X800 XT」も控えている。ただしこちらの入荷予定はまだ未定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯