イーレッツ、「Be Silent M」の背面にオキテ破りの増設ポートを搭載

 

イーレッツは7日、小型完全ファンレスPC「Be Silent M」シリーズの新製品として、背面にIDEポートを装備した「Be Silent MS6000」を発表した。5月中旬出荷予定で、価格はベアボーンモデルの「PC-MS6000E」が52,290円、メモリ256MB・HDD40GB・Windows XP Professionalを搭載する完成機「PC-MS6000E2-40W」が99,750円。

Be Silent MS6000。背面左下に「エマージェンシーIDEポート」を新搭載

従来のBe Silentシリーズでは、OSをインストールする際にUSB外付けCD-ROMドライブなどを利用する必要があったが、既に別のデスクトップPCを所有しているユーザーも多く、インストールのためだけにドライブが必要なことに対して改善を求める声が寄せられていたという。今回の新製品では「エマージェンシーIDEポート」として、ATAPI接続のCD-ROMドライブなどを接続できるコネクタと電源供給端子を背面に設けた。デスクトップPCで使用中の内蔵ドライブや、余っている古いドライブを活用することができる。

内蔵用CD-ROMドライブを利用できる。HDDも接続可能だが、固定せずに使うのは危険で見た目もよくないので、同社では推奨しないとしている

その他のスペックは従来モデルの「PC-M6000E」と同様で、CPUはEden 600MHzをオンボード搭載し、メモリはPC2100対応のDDRスロットを1本(最大1GB)、背面にはUSB2.0×4、IEEE1394、LAN、ビデオ出力などを備えている。

従来モデルでオプションとして用意されていたCD-ROMドッキングベイが今回も発売されるので、底面にスリムCD-ROMドライブを追加することも可能。なお、ケースの構造が一部異なっているので従来モデルとのベイの互換性はない。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
「恋スルー乙女」の風呂前有、初BL単行本は多種多様なシチュエーション
[22:42 6/29] ホビー
オリラジ藤森『ウシジマくん』で不倫ゲス男役!山田孝之とのLINE交換誓う
[22:30 6/29] エンタメ
Sapphire、Radeon RX 480搭載カード「RADEON RX 480 8G GDDR5」
[22:17 6/29] パソコン