Appleが好決算を発表 - iPodの好調が目立ち、今後も明るい見通しに

 

米Apple Computerは、同社2004会計年度第2四半期(2004年1-3月期)の決算を発表した。ポータブル音楽プレイヤー「iPod」が前年同期比909%増となる出荷台数を記録するなど、好業績が報告されている。

同社の2004年第2四半期の売上高はUS19億900万ドルとなっており、前年同期のUS14億7,500万ドルより29%増を記録した。純利益はUS4,600万ドル(希薄化後の1株当たり利益はUS12セント)とされ、前年同期のUS1,400万ドル(希薄化後の1株当たり利益はUS4セント)と比較すると、3倍もの増加が見られているという。なお、今回の業績にはUS700万ドルに上るリストラ関連の経費が含まれており、これを除くならば、純利益はUS5,300万ドル(希薄化後の1株当たり利益はUS14セント)に達するものとされている。同社は今年1月に、2004年第2四半期の業績予測として、US18億ドルの売上高、希薄化後の1株当たり利益はUS8-10セントとの見方を明らかにしていたものの、その予測を上回る結果になった。

今回の決算報告で最も顕著な点として、同社CEOのSteve Jobs氏は「80万7,000台という記録的な数のiPodが販売され、前年より900%以上の劇的な増加が見られた」ことを挙げている。iBookの出荷台数は20万1,000台で、前年同期に比べて51%増加した。Power Macは17万4,000台が出荷されたが、これは前年同期から12%増加となった。しかしながら、iMac(eMacを含む)およびPowerBookは振るわず、iMacは前年同期比15%減の21万7,000台に、PowerBookは前年同期比5%減の15万7,000台にとどまっている。2004年第2四半期のMac全体の出荷台数は、前年同期を5%上回る74万9,000台となった。

国別の業績に目を向けてみると、米国市場におけるMacの出荷台数は36万1,000台となり、前年同期と比較して7%の増加を記録している。欧州市場でも増加が見られ、前年同期比4%増の18万7,000台が出荷された。しかしながら、日本市場に限ってみるならば、前年同期比29%減となる7万6,000台の出荷台数にとどまったようだ。全体の売上高において、米国外での売上は43%を占めるに至ったという。

同社のCFOを務めるFred Anderson氏は、2004年第3四半期の見通しとして、US19億2,500万ドルの売上高、希薄化後の1株当たり利益はUS12-13セントになるだろうとの予測を明らかにした。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー

求人情報