RS232C機器をBluetooth機器に変えるアダプタが発売

 

シーエフ・カンパニーは、ソケット・コミュニケーションズのBluetoothシリアルアダプタ「Cordless Serial Adapter(略称CSA)」を発売する。CSAはRS232Cケーブルに換えて、Bluetoothによるワイヤレス接続を可能にするアダプタで、Bluetooth1.1に準拠している。価格はオープンだが店頭では2万2,100円になる見込みだ。

CSAは、RS232C機器9ピンシリアルコネクタに取り付けるだけで、CSAが接続された機器やPDA、ノートパソコン、携帯電話機などのBluetooth搭載の機器との間で無線通信ができるようになる。ドライバも不要だ。

この製品には、CSA設定ユーティリティを添付しており、設定はWindowsパソコンでプログラムでき、ユーザーの所有する機器の状況に応じた設定をカスタマイズすることが可能だという。ユーティリティはWindows 95/98/Me/2000/XPに対応している。アダプタへの電源は付属のACアダプタか、取り付ける機器のRS232Cコネクタを通じて供給する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル