RS232C機器をBluetooth機器に変えるアダプタが発売

  [2004/03/17]

シーエフ・カンパニーは、ソケット・コミュニケーションズのBluetoothシリアルアダプタ「Cordless Serial Adapter(略称CSA)」を発売する。CSAはRS232Cケーブルに換えて、Bluetoothによるワイヤレス接続を可能にするアダプタで、Bluetooth1.1に準拠している。価格はオープンだが店頭では2万2,100円になる見込みだ。

CSAは、RS232C機器9ピンシリアルコネクタに取り付けるだけで、CSAが接続された機器やPDA、ノートパソコン、携帯電話機などのBluetooth搭載の機器との間で無線通信ができるようになる。ドライバも不要だ。

この製品には、CSA設定ユーティリティを添付しており、設定はWindowsパソコンでプログラムでき、ユーザーの所有する機器の状況に応じた設定をカスタマイズすることが可能だという。ユーティリティはWindows 95/98/Me/2000/XPに対応している。アダプタへの電源は付属のACアダプタか、取り付ける機器のRS232Cコネクタを通じて供給する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー