RS232C機器をBluetooth機器に変えるアダプタが発売

 

シーエフ・カンパニーは、ソケット・コミュニケーションズのBluetoothシリアルアダプタ「Cordless Serial Adapter(略称CSA)」を発売する。CSAはRS232Cケーブルに換えて、Bluetoothによるワイヤレス接続を可能にするアダプタで、Bluetooth1.1に準拠している。価格はオープンだが店頭では2万2,100円になる見込みだ。

CSAは、RS232C機器9ピンシリアルコネクタに取り付けるだけで、CSAが接続された機器やPDA、ノートパソコン、携帯電話機などのBluetooth搭載の機器との間で無線通信ができるようになる。ドライバも不要だ。

この製品には、CSA設定ユーティリティを添付しており、設定はWindowsパソコンでプログラムでき、ユーザーの所有する機器の状況に応じた設定をカスタマイズすることが可能だという。ユーティリティはWindows 95/98/Me/2000/XPに対応している。アダプタへの電源は付属のACアダプタか、取り付ける機器のRS232Cコネクタを通じて供給する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中古バイクを格安レストア 第7回 タイヤを新品に交換する
[09:00 9/25] ホビー
500円で特製ローストビーフ食べ放題!? 肉バル「カンビーフ」へ急げ!
[09:00 9/25] 趣味
どうしてiPhone 7では強制再起動の手順が変更されたの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[09:00 9/25] スマホとデジタル家電
三井不動産、台湾中部にアウトレットの開発を決定 - オープン予定は2018年
[09:00 9/25] 趣味
餃子女子必見! 定番から最新餃子まで食べ比べできる「餃子フェス」開催
[09:00 9/25] 趣味