IOから地上デジタル対応HDDレコーダ - コピーワンスには「ムーブ」で対応

  [2004/03/16]

アイ・オー・データ機器はデジタルハイビジョン放送に対応したHDDレコーダ「Rec-POT M HVR-HD 160M」を発表した。4月の中旬に発売され、価格はオープンプライス、実売想定価格は5万円台前半となる。

Rec-POT M。写真では2つ重ねられている

「Rec-POT M」は、チューナとIEEE 1394(i.Link)で接続し、地上デジタル放送などデジタルコンテンツの録画を行うことができる。対応するチューナは地上/BS/110度CSデジタルチューナで、TVに内蔵されたものにも対応する。本体は280×200×35mmで160GBのHDDを内蔵、地上デジタルで約17時間、BSデジタルで約14時間の録画を行うことができる。IEEE 1394の接続ポートは2つ用意されており、「Rec-POT M」を複数台デイジーチェーン接続することも可能だ。

接続はIEEE1394で行う

「ムーブ機能」を備えており、コピーワンスで保護されたコンテンツを別の保存メディアに移動することができる。コンテンツの移動は「Rec-POT M」間でのほか、D-VHSテープへも可能。コピーワンスは4月から地上デジタル放送・BSデジタル放送の全ての番組で実施されるコピーガードの仕組みで、録画したコンテンツのダビングをできないようにするもの。

付属するリモートコントローラ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 知りたいことをすばやく調べる(1)
[15:44 5/30] パソコン
千葉県船橋市「ビビット南船橋」で日本初のニトリ、大塚家具が同フロア出店
[15:07 5/30] ライフスタイル
[日本テレビ大久保好男社長]「笑点」新司会の昇太に期待 三平の加入で「番組のカラー豊かに」
[14:55 5/30] エンタメ
[石橋杏奈]吉野家新CMのエピソード明かす 三角巾姿は「新鮮でした」
[14:54 5/30] エンタメ
サンディスク、メインストリーム向け2.5インチSATA SSD - 5,000円程度から
[14:37 5/30] パソコン

特別企画 PR