Intelチャンドラシーカ氏、2004年のPentium M/Centrinoについてスピーチ

 

米サンフランシスコで開催中の「Intel Developer Forum(IDF) Spring 2004」にて、Anand Chandrasekher氏が2004年におけるPentium M・Centrinoなどモバイルコンピューティングのロードマップと仕様についてスピーチを行った。

スピーチによると、現在のPentium Mを高性能化したDothan(コードネーム)が2004年第2四半期にリリースされる予定であり、その後、2004年後半には次世代のCentrino Mobile TechnologyであるSonoma(コードネーム)がリリース予定とされている。

Sonomaは、533MHz FSBに対応したPentium Mプロセッサや、IEEE802.11a/b/gに対応したWi-Fiコンポーネント、そしてチップセットAlviso(コードネーム)などから構成されるとする。そしてAlvisoチップセットは、第3世代のグラフィックス機能、帯域幅を高めたDirect Media Interface、TV出力、High Definition Audio、8つのUSBポート、4ポートのPCI-Express、最大2GBまでのDDR2メモリなどに対応するという。

同氏は、「Dothan、Sonomaの高性能化と新機能、そしてそれらを搭載した製品の入手性が高まると共に、Intel Centrino Mobile TecnologyベースのモバイルPCは、夢のコンシューマノートブックとなるでしょう」と述べている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、初来日に喜び「ずっと来たかった」
[23:27 8/25] エンタメ
iPhone 7/iPhone 7 Plusの登場に何が期待されるか? - 松村太郎のApple深読み・先読み
[23:05 8/25] スマホとデジタル家電
『魔法つかいプリキュア!』、Blu-ray vol.1の描き下ろしジャケットを公開
[23:02 8/25] ホビー
岡崎京子×ロッキング・オンのロックT登場!「pink」などモチーフにした3種
[22:40 8/25] ホビー
LiSA×JOYSOUND、コラボキャンペーン開始! ワンマンライブチケットが当たる
[22:33 8/25] ホビー