新名称はレッサーパンダ - Mozilla Firebirdがバージョンアップ・名称変更

 

オープンソースのブラウザ技術開発プロジェクトを進めるMozilla Foundationは、同団体が開発・提供を続けているWebブラウザ「Mozilla Firebird」をバージョンアップ、名称を「Mozilla Firefox」と改称してのプレビューリリースを開始した。

Mozilla Firefox

バージョンは「 0.8」で、ダウンロードマネージャーやブックマーク機能の拡張などの改良が行われている。Windows/Mac OS X/Linux版が用意されており、Windows版は新たなインストーラーを備え、より快適なインストールが可能になっているほか、Mac OS X版にはデフォルトで新しいテーマファイルが同梱されている。

<Tools>→<Downloads>で呼び出せるダウンロードマネージャー機能

Bookmarks Manager

名称変更について同団体では、Firebirdという名称が他のオープンソースプロジェクトに存在しており、その名称との重複を避けるためとしている。また、新名称については、Firebirdと似ていて、覚えやすくて、響きがいい、しかも他のプロジェクトや企業名では使われていない、とその命名理由を説明している。ちなみに同サイトによればFirefoxとは「red panda」(レッサーパンダ)の別名なのだそうだ。

また、同団体が開発を行っているメールクライアント「Mozilla Thunderbird」についても、Palmデバイスとのシンクロ機能やIMAP/LDAPのサポート強化などの機能向上を施した「0.5」の提供が開始された。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン