アップル原田社長退任 - 後任は未定だが暫定的に米国から

アップルコンピュータは、同社代表取締役社長兼米Apple Computer副社長の原田永幸氏の退任を明らかにした。2月の後半に正式な辞任となる。後任はまだ正式に決まってはいないが暫定的に米Apple ComputerでExecutive Vice President of Worldwide Sales and Operationsを務めるTimothy D. Cook氏が暫定社長となる。

原田氏は1990年にアップルコンピュータに入社、1997年に代表取締役社長に就任した。「リンゴスターズ」を率いてユーザイベントなどでバンド演奏をするなどユーザに対する露出も高く、アップルコンピュータの顔とともいえる存在だった。同氏の退任後の予定などは明らかにされていない。

Timothy D. Cook氏がいつまで暫定社長となるのか、また、正式な後任は誰となるのかなどはまだ決まっていないが、同社広報によれば「日本に住んで勤務することとなるので、日本人である可能性は高い」という。

アップルコンピュータ代表取締役社長兼米Apple Computer副社長の原田永幸氏

Apple ComputerでExecutive Vice President of Worldwide Sales and Operationsを務めるTimothy D. Cook氏。現在43歳。1998年にAppleに入社し、2002年に現職に就任



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事