【レポート】そろそろLinux? 本気で考えたくなる「SuSE Linux Desktop」(1)

 

ビジネスにPCの利用は欠かせないものの、ハードウェアやソフトウェアの購入、システムの維持管理には、多額の出費が求められてくることも事実である。少しでもIT予算、支出額を減らしつつ、快適にPCを利用できる環境が整えられるなら、企業にとってこれほど望ましいことはない。

こうした状況にあって、オープンソースであるがゆえに、低コストで導入できることがアピールされる、Linuxの採用を進める動きが広まっている。例えば、Linuxの特性を活かした「LindowsOS」が日本でも発表され、LindowsOSを搭載した低価格のPC販売へ期待も高まりつつある。すでにPCサーバ市場では、かなりLinuxの普及も進んでおり、今後は一般家庭ユーザーに向けた格安PCという分野において、どれほどLinuxが選択されるかが1つの課題になるとも目されている。

しかしながら、いざ企業内のPCに、デスクトップOSとして本格的にLinuxを採用できるかどうかを検討するとなれば、幾らか不安を感じてしまうビジネスユーザーが多いことも認めねばならないだろう。安いのはいいことだが、本当に仕事に支障をきたさないのか? MicrosoftのWindowsおよびOffice製品を抜きにして、ビジネスは成り立たないような状況が現に存在しており、Linuxを利用して、どれほど信頼性の高いビジネスを展開していけるのか、納得できる態勢が確立されなければ、なかなかLinuxへの移行にも踏み切り難い。

SuSE Linux Desktop: Courtesy of SuSE Linux AG. Unauthorized use is not permitted.

この挑戦に、正面から取り組んでいる会社がある。企業ユーザーをメインターゲットにしたLinuxソフトウェア「SuSE Linux Desktop」を販売するSuSEである。SuSE Linux Desktopは、ビジネスに安心して利用できる完成度を備えたデスクトップOSとして紹介されている。今回は、同社のCorporate Communications部門で副社長を務めるJoseph Eckert氏へのインタビューから、Linuxの今後の可能性を垣間見てみたい。

○ビジネスにLinuxの使用感をテスト調査

Eckert氏は、PCのデスクトップOSとして、MicrosoftのWindowsは「clearly the market leader」と語っており、圧倒的に市場をリードしている存在であると認めている。しかしながら、こうした状況下でLinuxを選択肢として推すのは、Windowsで行う仕事の9割はLinuxでもスムーズに実行可能で、なおかつ大幅なコスト削減になることを、最大の理由に挙げている。

Linuxを企業内PCのデスクトップOSに採用すると、日常の業務にはどんな影響が及ぶのだろうか? その判断材料となる興味深い調査レポート「Linux Usability Study Report 1.0」が、relevantive AGというドイツの企業から公表されている。今夏、ベルリンで実施された同調査より、まずはLinuxの使用感(ユーザビリティ)を検証してみたい。

調査は、Microsoft Windows XP ProfessionalとSuSE Professional 8.2を用い、それぞれ過去に同デスクトップOSを使用した経験がないPCユーザーに、実際に指定タスクをこなしてもらって、使用感をテストしてみる方法で実施された。テストユーザーには、日頃からビジネスにPCを利用している会社員の中から、25-55歳までの男女が選び出されている。

SuSE Professional 8.2をテストしたのは60名。レポートによればユーザビリティ調査は通常10-20名のモニターによるテストが一般的であるといい、それを考えると、今回のテストはかなり大規模で、より正確な実態の把握が期待できそうである。ドイツではHPにより、OSにLinuxを標準搭載したモデルのPCが販売されており、今回の調査でも同機が使用された。

SuSE Professional 8.2デスクトップ画像
Microsoft Windows XP Professionalデスクトップ画像

デスクトップ環境はドイツ語版のKDE 3.1.2に設定され、基本ソフトウェアも全てインストール済み。ワープロソフトには「OpenOffice.org Writer」、ファイルマネージャーには「Konqueror」、電子メールソフトには「KMail」、PIMソフトには「KOrganizer」、音楽CDプレイヤーには「KsCD」、CD-R/RWへの書き込みソフトには「K3b」が、すぐに使用可能な状態でセットアップされた。

一方、Windows XP Professionalには、「Microsoft Office 2000 Small Business」および「Microsoft Word 2002」がセットアップされ、20名のモニターによるテスト調査が行われた。全てWindows 98/Me/2000など、過去のWindowsバージョンの利用者であるものの、Windows XPは一度も使ったことがないユーザーが選出されている。

検証タスクとしては、10種類の課題が指定された。ワープロソフトによるドキュメント作成/印刷/保存、電子メールの送信、インターネットの利用から、スクリーンセーバーの設定、音楽CDの再生、ファイル検索やフォルダ作成に至るまで、実に多岐にわたる作業を、初めて使用するOSで行ってみるように指示され、その使用感が問われている。

調査の結果を概観すると、全体的なタスク完了までに要する時間は、Linux環境がWindows環境を上回ってしまい、Windowsを超える快適な使用感をLinuxで実現するのは難しいまでも、その差はかなり小さくなっている。relevantive AGにて、今回の調査プロジェクトを率いたJutta Horstmann氏も、企業へのLinux導入にかなりポジティブなコメントを残している。

(湯木進悟)

【レポート】そろそろLinux? 本気で考えたくなる「SuSE Linux Desktop」(2)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/10/15/09.html
へ続きます

LinuxでMS Officeがスムーズに動作する「SuSE Linux Office Desktop」発表
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/01/22/17.html

米Lindows.com、ビジネス向けにカスタマイズ可能な「BusinessStation」
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/29/50.html

LindowsOS 4.0 日本語版発売イベント - 南部虎弾も"額くっつき気合男"で乾杯
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/29/11.html

エッジ、CD-ROMで起動できる「LindowsCD 日本語版」、HDD非搭載端末を発売
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/26/17.html

【レポート】LinuxWorld 2003 - 不景気が追い風となっているLinux市場
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/11/17.html

relevantive AG
http://www.relevantive.de/

SuSE
http://www.suse.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[福山雅治]黒柳徹子とのメアド交換告白 パパラッチ役に手応えも
[13:07 10/1] エンタメ
[来週のべっぴんさん]第1週「想いをこめた特別な品」 ヒロインの“原点”? 病気の母のため思い込め…
[13:00 10/1] エンタメ
「イノベーション」を目的に引っ越したヤフー、こだわりの中身は?
[13:00 10/1] 企業IT
石原さとみ、ドラマ情報彫刻された"赤鉛筆アート"に「地味にスゴイ!」
[13:00 10/1] エンタメ
「競女!!!!!!!!」CM公開、本日秋葉原で“水着風コンパニオン”が号外配布
[12:55 10/1] ホビー

求人情報