スパム1通につき1,000ドルの損害賠償--加州知事が新法案に署名

 

米カリフォルニア州のGray Davis州知事がスパムメールを取り締まる新法案SB186に署名した。2004年1月1日から施行される。

新法案では、スパムメール1通につき1,000ドル、もしくはスパムメールを利用したマーケティング・キャンペーンに対して100万ドルの損害賠償請求を、カリフォルニア州居住者、州検事、インターネット・サービスプロバイダー(ISP)に認めている。対象となるのは、カリフォルニア州内の人に送られたメール、同州から送られたメール、さらに同州のサーバを経由しているメールなど。同州居住者が許可した業者や顧客となっている業者からの広告メールは認められているが、居住者はすべての業者に対して広告メールの送信取り止めを要求できる権利を有している。また、同法案はマーケティング利用を目的としたインターネットでのEメールアドレス収集についても、同州で禁じている。

現在、カリフォルニア州のスパム法案では、広告メールの件名に「ADB」の文字を入れることを義務づけている。だが、ADBの文字が入った広告メールの方が圧倒的に少ないのが現状で、スパム抑制効果も見られないため、損害賠償という厳しい手段が認められた。

Davis州知事は、「情報スーパーハイウエイにEメールのゴミをまき散らすような行為を我々は許さない」とスパムメール問題解決に自信を示している。

効果が期待される反面、いくつかの問題点も指摘されている。一つはスパムメールの定義だ。「勝手に送られてくる迷惑メッセージ」とされているが、具体的にどのようなメールまでが対象になるかがあいまいである。同様に損害賠償では、実損害を証明する必要があり、スパムメールによる被害について、すでに様々な見方が存在することが指摘されている。仮にマーケティング業者に対して厳しい解釈となった場合、「悪質なスパム業者以外に対する訴訟が頻発するのではないか」という懸念の声がある。

(Yoichi Yamashita)

英国で迷惑メール対策に新法案 - 携帯電話も保護対象、クッキー使用も制限
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/09/19/23.html

またもや迷惑メールに変化あり! 最新の実態レポート「Spam Index」が発表
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/09/17/24.html

「スパムの法規制なんて無理」と連邦取引委員会の委員長自らが認める
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/20/14.html

スパム法規制の世界最先端をゆく - オーストラリアが立法宣言
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/07/24/17.html



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[レベルファイブ]次はロボットもの「メガトン級ムサシ」 週刊少年ジャンプと協力
[15:36 7/30] ホビー
[プリパラ]「すみっコぐらし」とコラボ しろくまなど人気キャラがコーデに
[15:12 7/30] ホビー
MF文庫J、7月新刊は7タイトル! 『アブソリュート・デュオ』の最新巻登場
[15:00 7/30] ホビー
「Pokémon GO」に便乗した3つの脅威に注意 - トレンドマイクロ
[15:00 7/30] 企業IT
開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電

求人情報