NVIDIA、カメラ付き携帯電話対応メディアプロセッサ「GoForce 2150」発表

NVIDIAは、携帯端末向けメディアプロセッサ「GoForce 2150」を発表した。1.3メガピクセルカメラをサポートし、携帯端末で高画素の静止画・動画撮影を可能にするという。

GoForce 2150は、携帯電話をはじめとした携帯端末向けのメディアプロセッサ。8月に同社が買収したMediaQが開発していた「MQ2100」の後継となるモデルで、MQ2100とは互換性があるという。

1.3メガピクセルカメラをサポートし、静止画撮影、Motion JPEGの動画撮影、カメラコントロールを提供する。JPEGエンコードはハードウェアで行い、高いパフォーマンスが得られるという。MPEG-4ムービーの再生にも対応するほか、64ビットの2Dグラフィックアクセレータ、液晶のフレームバッファ用のメモリ(160KB SRAM)、フレキシブルなCPUインタフェースを搭載。

LCDコントローラは、携帯電話のメイン液晶、サブ液晶といった2つの画面を素早く切り替えることができる。CSTN、TFT、OLED、LTPSといった70以上のディスプレイに対応する。

次世代のカメラ付き携帯電話、または携帯端末に向けたものとして、すでにOEM向けには出荷が開始されており、搭載製品は2003年第4四半期には登場する見込みだ。

NVIDIAがモバイル関連会社を買収 - モバイル機器向けチップへの足がかり
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/05/17.html

Sony、次世代PDAにMedia Qのシステム・コントローラを採用
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/06/12/50.html

NVIDIA
http://www.nvidia.com/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事