【レビュー】自分撮りと水中撮影、どっちでブックマークする? サイバーショットU50/U60(1)

 
U50(左)とU60(右)

ビジュアルブックマークというコンセプトで2002年7月に登場したソニーの小型デジタルカメラ「サイバーショットUシリーズ」は、初代の「U10」以来、「U20」「U30」と着実に進化を遂げてきた。

最新のU30は有効画素数200万画素CCDを搭載。ハイブリッド液晶採用による見やすい液晶モニタ、再生拡大機能などの特徴を備えている。そして基本スペックはU30を踏襲しながら、異なる方向性を打ち出した2つのモデルが登場した。

それが今回紹介する「U50」と「U60」だ。ガラリと変更された本体デザインは、U50が自分撮りを簡単にするためのレンズ回転機構、U60が水深1.5m防水機能、というように、明確な使用目的を示している。

○見た目も撮影機能も違う2つの「U」

U50/U60はともに、U30をベースにしたバリエーションモデルだ。そのため、多くの機能が踏襲されており、本体デザインを除いて単純に撮影機能だけで考えると、それほど大きな差はない。

CCDは有効画素数200万画素の1/2.7型原色CCDを採用。レンズは単焦点レンズで、焦点距離は33mm(35mm判換算時)、F値はF2.8、合焦範囲は0.1m~∞、絞りは自動、シャッタースピードは自動(1/8~1/2000秒)、ISO感度は自動、測光モードは中央重点、内蔵フラッシュ推奨距離は0.5~1.8m、液晶モニタは1.0型ハイブリッドTFT 64,460ドット、再生時中央のみの5倍ズーム、起動時間1秒、などといったスペックはすべて同等だ。

U60(左)とU50(右)の背面
U50(左)とU60(右)の液晶モニタ。サイズも輝度も同レベル。十分見やすい

ただ、U30と同時発売だったU60に比べると、後から発表されたU50は、いくつかの点で撮影機能の向上がなされている。3モデルの機能の違いを見ると次の通りになる。

○3モデルの機能の違い

モデルU30U60U50
合焦範囲0.1m~∞
AFハイスピードスキャンAFシングルAF
WB*--自動/太陽光/曇天/蛍光灯/電球
Pエフェクト*-
液晶モニタLCDライトON/OFF可LCDライトON/OFF不可
レンズカバー電源スイッチ兼用-付属
記録媒体*MS/MS PRO/MS DuoMS Duo/MS PRO Duo
連続撮影VGA5枚連写2M2枚、VGA10枚連写
MPEGムービー160×112320×240/160×112
連続撮影時間15秒メモリいっぱい(320×240)
バッテリ単4形ニッケル水素充電池×2
--単4形アルカリ電池×2
防水--
* WB=ホワイトバランス MS=メモリースティック Pエフェクト=ピクチャーエフェクト

こうしてみると、U30とU60には防水性能以外ほとんど違いはないが、U50は異なる点もいくつかある。特に大きなものは、ホワイトバランスが手動で設定できるようになった点と、フルサイズ(1,632×1,224)・2枚までの連続撮影が可能になり、VGAでも10枚までの連写が可能になった点、そしてMPEGムービーで320×240サイズ(プレゼンテーションモード)に対応し、メモリ容量いっぱいまで撮影できるようになった点だ。また、単4形アルカリ乾電池が正式サポートされた点も大きな変更点といえるだろう。ただし、ホワイトバランスの手動設定が追加された代わりに、U50にはピクチャーエフェクト(ネガアート/セピア/モノトーン/ソラリ)がなくなっている。

○海でも山でもいつでも - U60

U60の最大の特徴は、何より水深1.5mの防水機能を搭載した点だ。通常横に構えるカメラとは違い、縦にして構える独特のフォルムを採用しており、プラスチックの外観は高級感があるわけではないが、ぬぐえば簡単に汚れが落ちるので使い勝手がよい。

サイバーショットU60
U60の背面

U30やU50よりも大型のきょう体はポケットにすっぽり入る、という大きさではない。付属のストラップも、(プールが似合いそうな)ゴム製のハンドストラップなので、首から提げたり、ポケットに収めたりして、街中の気になったところを「ビジュアルブックマーク」する、という使い方は想定されていないのかもしれない。もちろんオプションのネックストラップを購入すればいいのだが。

カメラを構えるには、縦型のきょう体の下部を包み込むように握り、右上のシャッターに人差し指をかける感じで構える。U50と比べるとシャッターボタンの出っ張りが大きく、例えばグローブをはめている時でも操作しやすいように作られている。各種操作ボタンや静止画撮影/再生/ムービー撮影の切り替えスイッチも同様に大型だ。

構えるには下部を包み込むように、人差し指は軽くかけるような感じ
正面から見るとこのような感じ

ちなみに自分撮りをする場合にはこんな持ち方になるだろう。特に苦しい持ち方ではなく、意外に撮りやすい

全体的に小ぶりなUシリーズにあって、U60の大型の操作系は個人的には好ましい。シャッターボタンもU50よりもU60の方が、遊びが多いためか半押し感がよく分かり、ピント合わせがやりやすかった。

また、縦に持つ撮影スタイルも意外に使いやすい。横に構える従来のカメラスタイルよりも、より柔軟な構図で撮影できるような気がした。特にカメラを持つ右手を右方向に伸ばして撮影する場合、従来のカメラスタイルよりもはるかに撮影しやすいし、人込みの頭を越えて、上からあおるように被写体を撮影したい場合など、体勢が十分でない時に特に、U60の印籠を見せるような持ち方の方が安定してぶれにくいと感じた。


本体下部にバッテリとメモリスロットがあり、Oリング付きのふたがついている
バッテリとメモリスロットはさらにふたがついている

ふたを閉じるスイッチはきっちりとロックがかけられる。忘れないようにしたい
ふたが開いたままでも起動してしまう。この状態で水に入ったら、さすがのU60でもアウトだ

海をバックに砂浜とU60。夏の似合うやつ

では、U60の本領発揮となる海での撮影を試してみよう。冷夏の今年だが、何とか晴れ間の見えた日に海へ行ってみた。

海は、カメラには悪い条件が重なる場所だ。砂浜の砂がカメラに入り込んでしまったり、万が一海水にぬれてしまったり、といった問題が発生する可能性もある。U60は1.5mの防水性能があり、その辺りを全く気にする必要がない。カメラ内部に水が入らないのだから、当然砂も入ることがなく、砂浜の上に無造作においても心配いらないのだ(ただし、砂浜の熱には注意)。

水深1.5m防水というのは、水中カメラとしては物足りない、と感じる人もいるに違いない。シュノーケリングであっても2~3mは平気で潜ってしまうが、そうなるともう使えないわけだ。ただ、普通の水中カメラが大型の防水ケースを別途用意しなければならないことに比べれば、小型で手軽に海中のブックマークもできる、という使い勝手のよさはポイントが高いだろう。

感度:ISO100、絞り:F5、シャッター速度:1/500秒
波間から空を撮影。分かりにくいかもしれないが、海の中に入って撮影している
感度:ISO100、絞り:F5、シャッター速度:1/500秒
よく分からない写真だが、海の中から空を撮影している

感度:ISO100、絞り:F4、シャッター速度:1/160秒
海の中に手を突っ込んで撮影。中央に魚がいるのだが、フレーミングするのに苦労した。実は後からPCに取り込んで、初めて魚がきちんと撮れたことが確認できた

U50にはない機能として、シーンセレクションに「水中撮影モード」が用意されている点が挙げられる。なかなか有効な機能で、フィルターをしなくても青かぶりを押さえた撮影が可能になるモードとなっており、シーンセレクション切り替えボタンを一度押せばすぐに水中撮影モードになる。

一つ難点を挙げるとすると、(Uシリーズすべてに言えることだが)やはり液晶サイズ。屋内外で見やすいハイブリッド液晶は海辺の強い日差しの中でも見やすかったが、いかんせん1.0型というサイズは小さい。魚を狙って液晶画面を見ながらフレーミングしている時も、魚が動くとすぐに見失ってしまう。撮影後の確認も難しく、中央部分を拡大(5倍まで)することはできるものの、やはりもう少し自由に拡大再生が可能になって欲しかった。

ただ、手ぶれやピント外れを気にしたり芸術的な構図などと難しく考えたりせずに、ただひたすら撮りまくる、というのがUシリーズの正しい使い方だと思うので、あまり気にせずにたくさん撮影した方がいいだろう。

また、海にも入れるぐらいなのだから、川、雨、泥、雪、などと多彩な場所での利用シーンが考えられる。山に行っても海に入っても、雨が降っても泥がかかっても、何事もなかったかのように撮影できる点が、U60の大きな強みといえるだろう。

感度:ISO100、絞り:F4、シャッター速度:1/160秒
台風の中、激しく降る雨を撮影
感度:ISO250、絞り:F2.8、シャッター速度:1/250秒
同じく台風の中、風にあおられる木を撮影。撮影者はずぶぬれだが、カメラは問題なく雨の中でも撮影できる

【レビュー】自分撮りと水中撮影、どっちでブックマークする? サイバーショットU50/U60(2)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/28/30.html
に続きます。

(小山安博)

ソニー、自分撮りのできるサイバーショットU「DSC-U50」発売
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/08/19/24.html

使い勝手を進化させた「Cyber-shot U30」発表 - 水深1.5mで使える「U60」も
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/06/02/10.html

サイバーショットU
http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-U/index.html



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

航空自衛隊向けステルス戦闘機「F-35A」、米国で公開
[16:07 9/26] テクノロジー
【特別企画】女子会で盛り上がること間違いなし!? LEDライトで遊べるBluetoothスピーカー
[16:07 9/26] パソコン
松戸市、渋谷駅前の街頭ビジョンCMを放映
[16:02 9/26] 企業IT
[日本テレビ]ドラクエショーは「この夏限り」
[15:51 9/26] エンタメ
宇多田ヒカルのラジオ特番が全国101局で放送! 新アルバムに込めた思い語る
[15:49 9/26] エンタメ

求人情報