米Adobe、「Premiere Pro」ほか、DV製品ファミリーを発表

米Adobe Systemsは、「Adobe Premiere Pro」、「Adobe After Effects 6.0」、「Adobe Audition」を発表した。4月に「Adobe Encore DVD」を発表しており、これで同社のDV製品ファミリーが出揃うことになる。

プロフェッショナル向けデジタルビデオ編集ツールPremiere Proは、色補正やオーディオ・コントロール、タイムラインなどが改良され、生産性が向上した。マルチプロセッサおよびIntelのHyper-Threading技術に最適化されており、レンダリング待ちのない編集体験をユーザーに提供している。ただし、Mac OS Xはサポートせず、対応するのはWindows XP版のみとなっている。価格はフルバージョンが699ドルで、アップグレード版は199ドル。

モーショングラフィックスやビジュアルエフェクトの制作ツールAfter Effectsは、バージョン6.0でタイポグラフィック・アニメーション向けに新たなテキスト・エンジンが組み込まれた。また、OpenGLに対応し、マルチプロセッサのサポートも向上している。プロフェッショナル・エディションは、高速で精度の高いモーション・トラッカーを搭載。さらにFoundryのキーイング技術Keylight、クローン・スタンプ・ツール、Photoshop技術をベースとしたベクター・ペイント・ツールなどを備える。対応するOSはWindows 2000、Windows XP、 Mac OS X 10.2.6。価格はスタンダード・エディションが699ドル、プロフェッショナル・エディションが999ドル、アップグレード版はそれぞれ199ドルと299ドルとなっている。

Auditionは、これまでCool Edit Pro 2.1と呼ばれていたオーディオ編集ソフトだ。今年5月にAdobeが同ソフトの技術資産をSyntrillium Softwareから買収した。音楽、ビデオ、ラジオ、音響などのプロフェッショナル向けマルチトラック・レコーディング・ツールとして、多彩なリアルタイム効果、豊富なサンプルを含むルーピング・ツールなどを備える。Windows 98、2000、XPをサポート。価格は299ドルで、Cool Edit Proユーザーは99ドルでアップグレードできる。

Adobeは、Premiere Pro、After Effects 6.0、Audition、Encore DVDにPhotoshop 7.0を加えた「Adobe Video Collection for Windows XP」も用意する。価格はスタンダード・エディションが999ドル、プロフェッショナル版が1,499ドルとなる。いずれも8月末の発売を予定している。

(Yoichi Yamashita)

Adobe
http://www.adobe.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報