PCとケータイのインターネットを融合させるQuickTime 6.3が登場

  [2003/06/10]

米Apple Computerは6月3日、マルチメディアオーサリング・プレイヤーソフト「QuickTime 6.3」のダウンロードを開始した。もっとも大きな特徴はNTTドコモの第3世代携帯電話(3G)のFOMAで利用されているビデオフォーマット「3GPP」に対応した点で、これにより、FOMAで録画したムービーをPC上でも再生できるようになった。

アップルコンピュータ(日本法人)は新しいQuickTime 6.3の発表に伴い、都内で説明会を開催。説明会には同社代表取締役社長の原田永幸氏に加え、NTTドコモのiモード企画本部企画部長 夏野剛氏も挨拶にたち、QuickTimeが3GPPに対応したことがFOMAにとっても重要な出来事であることを説明した。

アップルの原田永幸社長
ドコモ iモード企画部長 夏野剛氏

QuickTimeの説明を行った米AppleのQuickTime World Wide Product MarketingディレクターFrank Casanova氏

QuickTimeは、従来からMPEG-4ビデオの作成、再生についてはサポートしていたが、バージョン6.3では新たにAMRのオーディオフォーマットに対応。さらにH.236ビデオや3Gテキスト(TX3G)、「.3gp」「.amr」「.sdv」といった、3GPPで利用されるファイルをサポートした。

QuickTime Player 6.3であれば、こうした3GPPフォーマットのファイル再生が可能になるほか、QuickTime ProやFinal Cut Proをはじめ、QuickTimeの書き出しに対応したムービー編集ソフトなどであれば、ファイルの書き出し時に3GPPフォーマットで書き出すことができるようになる。

2001年にFOMAサービスが開始されて約2年。ようやくPC、またはMacintosh上で、FOMAで撮影したムービーやダウンロードしたiモーションムービーを再生したり、FOMA用ムービーを作成したりできる環境がそろったことになる。


QuickTime 6での新機能。ちなみにQuickTime 6はダウンロード開始10カ月で1億ダウンロードを達成したという
QuickTime 6.3では3GPP対応を中心としたバージョンアップ

夏野氏は、QuickTimeが3GPPをサポートした点について、「携帯電話で閲覧するインターネットと、既存のインターネットが融合する象徴ではないか」と述べる。3GPPフォーマットのムービーを作成・配信・再生できる環境が整ったことで、「単に動画のやりとりだけができるようになったというだけでなく、PC市場に対しても(FOMA向けムービーの作成という新たな)ニーズが高まる」(原田社長)ことが期待できるという。

もともと、ドコモと米Appleは1年程度をかけてQuickTimeの3GPP対応を共同で進めてきており、数カ月前からはプロトタイプ段階のQuickTime 6.3をFOMAのコンテンツプロバイダ側に提供していたという。つまり、最近のiモーションなどではQuickTimeで作成されたものもあった。

3GPPは、ドコモらのW-CDMA陣営の標準化団体(CDMA2000 1xは3GPP2)
QuickTime 6.3により、3GPPフォーマットが広範に利用できるようになる

携帯電話からPCへもムービーを送信できるようになった

今までは、そうした3GPPフォーマットのムービーはFOMAでしか閲覧できなかったが、今後はPCユーザーに向けても同じムービーを配信できるようになる。FOMAとPCの垣根が1つなくなった、といえるわけだ。

QuickTimeから3GPPフォーマットのファイルを作成する手順は簡単で、普通のムービー作成と同様に編集を行い、最後の書き出しの部分で「3GPP」を選択すればいい。さらにファイルフォーマットには、FOMAに特化した「Mobile MPEG-4」と、3GPP標準に準拠した「3GPP Release 5.1」「同4.3」が選択できる。さらにビデオコーデックを「MPEG-4」または「H.263」、オーディオコーデックを「AMR」または「AAC」から選択できるので、それぞれを組み合わせたうえで、さらにフレームレートやビットレート、解像度などを決めるだけ、と非常に簡単。


Final Cut Proでの3GPPフォーマット作成のデモ。まずは書き出し時にフォーマットを3GPPに設定
フォーマットは3種類から選択できる。Mobile MPEG-4はFOMAに特化したフォーマット

ビデオコーデックはMPEG-4、またはH.236。FOMAの場合ビットレートは64kbps以下という指定があり、それを超えたビットレートを指定しようとすると警告が表示される、という安心設計になっている
音声はSpeech(AMR)、またはAAC

現在、3GPPを扱える携帯電話はドコモのFOMAに加え、Nokia 3650やJ-フォンのJ-SH53などがあり、FOMAほどではないにしろ3GPPフォーマットの録画、再生ができるが、今後、PCでの利用環境が整ったことで普及が加速される可能性もある。

Macintosh上でエンコードした3GPPファイルをFOMAで再生
こちらはFOMAで撮影したムービー
FOMAからメールに添付してムービーを送信。QuickTime 6.3が導入されていればそのまま再生できる
もちろんWindows環境でも再生可能。ちなみに、FOMAからPCへのムービーのメール送信は可能だが、PCからFOMAへムービーをメール添付で送信することはできない。迷惑メール防止のためにドコモがネットワークに設定しているもので、PCからFOMAにムービーを送りたい場合は、Webにアップするなどの対応が必要

普及にはコンテンツの拡充も重要だが、通常のインターネット向けストリーミングビデオ作成などで利用されているQuickTimeを用い、そのままFOMA用のムービーも作れるようになったことは、普段QuickTimeを利用してムービーコンテンツを作成しているコンテンツプロバイダがすぐにFOMA用コンテンツも作成できることを意味し、夏野氏は「ドコモとしても大きな期待を寄せている」とエールを送る。

なお、ドコモは、今年後半以降にはFOMAでも「505iシリーズ以上の反響を呼ぶような製品」(夏野氏)を提供していく予定で、現在D505i/SO505iの2モデルで20数万台が販売されたという505iシリーズを超えてミリオンセラーになるような商品を企画している、という。

米Apple、「Final Cut Pro 4」などソフトウェア3製品を発表
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/04/07/14.html

Apple、MPEG-4に対応したQuickTime 6を正式にリリース
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/07/16/13.html

【レビュー】FOMAの牽引役となる、ロングバッテリ・液晶回転型の「FOMA P2102V」を試す
http://pcweb.mycom.co.jp/digitable/review/2003/p2102v/

NTT東西、FOMAと映像のやり取りが可能なテレビ電話機「Moppet」を発売
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/11/28/19.html

アップルコンピュータ
http://www.apple.co.jp/mpeg4/3gpp/index.html

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑充希、観客の公開プロポーズ成功に思わず涙「感動しちゃった!」
[16:00 5/29] エンタメ
海老蔵、ダルビッシュ復帰に感動「これが見たくて」「流石っすね」
[15:44 5/29] エンタメ
「マカロニほうれん荘」が携帯ゲームに!?ドット絵のゴリラダンスTシャツ
[15:20 5/29] ホビー
[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ

特別企画 PR

求人情報