【ROBODEX2003レポート】フォーラム - ロボットのネットワーク対応で新サービスが生まれるか?(1)

  [2003/04/04]

4月3日(木)~6日(日)、パシフィコ横浜で「ROBODEX2003」が開催されている。一般公開初日となる3日は、平日ということもあり、入場制限がされるほどの混雑ぶりではなかったものの、会場は大勢の人で賑わっていた。小さい子供の姿も多く見られた。中でも特に人気が高かったのは、ソニーブースで行われているAIBOによるミュージカルショーや二足歩行ロボットSDR-4XIIによるデモンストレーションと、ホンダブースで行われているASIMOと一般参加者によるゲーム。また、展示会場奥に設置されたメガステージでは、ロボデックスパレードや各ロボットによるパフォーマンスも繰り広げられており、そちらも大きな盛り上がりを見せていた。その他、各ブースでは、出展者によるデモンストレーションも定期的に行なわれており、そのたびに大きな人だかりができていた。

ホンダブースのステージでは、ASIMOとのゲームか開催さ
れている 
ソニーのブースでAIBOと遊ぶ子供たち

さて、4月7日の鉄腕アトムの誕生日を目前に控え、展示会場の2階にあるアネックスホールでは、『ロボットと暮らす新しい社会、始まる。』をテーマに、連日、ロボデックスフォーラムが開催されている。

初日となる3日は、16:00~17:30、第1回ロボットビジネス会議「新しいロボットサービス産業を目指して--ネットワークにロボットが繋がる時、新たなサービスが生まれる--」と題されたセッションが行われた。会場内は超満員で、人々の関心の高さが伺えた。

第1回ロボットビジネス会議「新しいロボットサービス産業を目指
して」

司会進行はノンフィクション作家の山根一眞氏、出演者は、三菱重工業・神戸造船所の日浦亮太氏、本田技研研究所・和光基礎技術研究センター主任研究員の配川有二氏、富士通研究所・ペリフェラルシステム研究所主任研究員の神田真司氏、ソニーインテリジェント・ダイナミクス研究所の表雅則氏。

いずれも、今回、ROBODEX2003で、人と共生することを目指したパートナーロボットを開発、出展している企業であるが、ご存知の通り、三菱重工は船舶や発電プラント、航空・宇宙機器などの製造・販売会社、ホンダは自動車メーカー、富士通は通信・情報処理システムの製造・販売会社、ソニーは家庭用機器メーカーである。そのため、山根氏は、「分野の全く異なる企業が4社集まり、同じ"人間共生型ロボット"というものを目指しているということは、次世代の産業の基盤がまさにここにあるということを意味している」とし、セッション開始の言葉とした。

セッションでは、まず、各社が現在開発を進めているロボットに関するプレゼンテーションが行われ、さらに今回のメインテーマであるロボットをネットワークに繋げた場合のメリットや問題点などが述べられた。

三菱重工のプレゼンテーションでは、ROBODEX2003でも多くの注目を集めている家庭用ロボット「wakamaru(わかまる)」が紹介された。wakamaruは今年2月に完成したばかりの人間型パーソナルロボットで、家庭内で家族と同様に付き合っていくことを想定して開発されている。

日浦氏は、wakamaruの特徴として、1.家庭における存在感、2.人とのコミュニケーション能力、3.自立生活の3つを挙げ、「人間型ロボットの価値は、人間とのコミュニケーションがよりスムーズに取れるという点にありますが、そのコミュニケーションを進化させていくために重要になってくるのが、ネットワークです」と述べた。つまり、ネットワークを通じて、外部情報を取り込み、日々、データを蓄積・更新することで成長し、人間により多くのサービスや情報を提供でき、コミュニケーション能力も高まるというわけである。

wakamaruがネットワークに繋がることで想定されるサービス

配川氏は、まず、ASIMOの事業展開について述べた。ASIMOは現在、日本IBMや科学未来館など7社にレンタルされ、会場案内やマスコット的存在など主にエデュテイメント用途として利用されているが、今後は、レストランのウェイターやベルボーイなどのアテンダントサービス、企業の受付案内などのパブリックユース、最終的には、身障者の介護支援などのプライベートユースへと、用途を広げていく計画だという。

また、同氏は、今回お披露目している新型ASIMOのメインコンセプトは、「ホスピタリティ」と「コミュニケーション」であると説明。ホスピタリティとは、人の姿勢やしぐさなどの意味を理解して、自律的に行動することを意味し、そのためには、認識技術がポイントであるという。一方のコミュニケーションとは、ユーザーが持つシステムと結合し、情報やサービスを提供することで、人間とのインタラクションの向上を図ろうというもので、その際に重要な鍵を握るのが、ネットワークとの結合だという。

デモンストレーションでは、ネットワークに繋がったASIMOが、ホンダのカーディーラーで受付案内を行なう様子が上映された。その中でASIMOは、来店客の顔を画像処理し、ネットワークシステムに接続してデータベースと照合。以前来店している顧客であれば、蓄積されたデータベースの中から瞬時に個人情報を入手し、「山田さんですね、こんにちは」といった具合に名前を呼んで接客を行なう。また、顧客の「この車の色は何種類あるの?」といった質問にも、データベースにアクセスし情報を入手して、即座に回答。つまり、ネットワークに接続することで、どんな質問にも的確に答えることができるのだという。
同氏は、「ロボットの特性は、移動するインタラクティブなメディアであるということ。その特性を活かしつつ、ネットワークに常時接続することで、新しい価値を創造していきたい」と述べた。

ASIMOのネットワーク接続のしくみ

富士通研究所では、「MARON-1(=Mobile Agent Robot Of Next-generation-1)」というロボットを開発している。MARON-1は、ユーザーが、外出先から携帯電話を使って遠隔操作できるほか、MARON-1が撮影した画像を携帯電話に転送することができるというホームロボットで、動くものを検知する機能も搭載しているため、不審者の侵入監視などに役立てることができるという。

富士通研究所「MARON-1」の機能と今後想定される世界

また、同社の神田氏は、ロボットをネットワークに繋ぐ狙いとして、1.いつでも、どこにいてもロボットが使える、2.データ共有、3.サービス提供やロボットの新機能のアップデートの3つを挙げた。1.いつでも、どこにいてもロボットが使えることのメリットとしては、家の中の確認などをロボットを通じて行える、ロボットに家電製品の電源のオフオンなどを代行してもらえるなどがあるとしている。また、2.データ共有については、ロボットと他のコンピュータ、またはロボットとロボットが情報を共有することで、情報資源を活用できるとしている。3.サービス提供や機能追加とは、ネットワークを通じて、さまざまなサービスが提供できるほか、ロボットの新機能等をアップデートできるというもの。
しかしながら、そのためには、各ロボットが共通に提供できるサービスには何があるか、セキュリティ対策はどうするか、課金方法をどうするかといった課題をクリアする必要があるという。

ソニーでは、「ネットワークロボットサービス」というものを構想している。ネットワークロボットサービスとは、ロボットをインターネットに接続することにより、サービスプロバイダー、ロボット、エンドユーザーなどが双方向に情報交換することが可能となるというもので、そのことにより、ロボットのパーソナライズ化や親密なインタラクションが可能になるという。また、仕様を公開することで、フリーウェアやシェアウェアが数多く出回るようになり、ロボットのカスタマイズや機能アップも進むだろうとしている。また、今後、多彩なロボットがネットワークに接続されるようになった場合、形態や能力などロボットによって差があるため、あらゆるロボットに対応するアプリケーションを考える必要があるだろうとしている。

ソニーの考える「ネットワークロボットサービス」

しかしながら、ロボットをネットワークに接続することにより、今までにないセキュリティの問題が発生することも予想される。つまり、セキュリティホールを悪用してロボットを乗っ取るといった反社会的な行為が行われる可能性も出てくるというわけだ。家庭内にいるロボットが他者によって遠隔操作された場合、プライバシーの侵害など、PC以上に被害をもたらす可能性がでてくる。そのため、表氏は、「ネットワークに接続する場合、セキュリティの問題をクリアすることが先決である」と述べた。

【ROBODEX2003レポート】フォーラム - ロボットのネットワーク対応で新サービスが生まれるか?(2)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/04/04/25.html
に続きます

(山田久美 k-yamada@pc.mycom.co.jp)

【NewsSpecial】ROBODEX2003レポート
http://pcweb.mycom.co.jp/news/special/2003/04/04/01.html

ROBODEX2003
http://www.robodex.org/



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】ハルとアキ 第42回 そんな人いる?
[20:00 5/29] ライフスタイル
[押井守監督]宮崎駿監督をまたまたバッサリ 「構造がない典型」
[19:48 5/29] ホビー
[劇団EXILE・鈴木伸之]映画「オオカミ少女と黒王子」でイケメン役も自身の高校時代「モテた記憶ない」
[19:32 5/29] エンタメ
[ちびまる子ちゃん]2代目お姉ちゃん役に豊嶋真千子 「水谷さんからのバトン受け継ぐ」
[19:30 5/29] ホビー
[ヒメアノ~ル]濱田岳とムロツヨシに聞く V6森田剛が殺人鬼役に没入「登場シーンから怖かった」
[19:22 5/29] エンタメ

特別企画 PR

求人情報