米Intel、オーバークロックガードテクノロジ特許取得

  [2003/03/27]

米Intelは、1999年9月29日に出願していたCPUのオーバークロック(Over-Clocking:OC)を防止する技術についての特許6,535,988号を、2003年3月18日に取得した。このテクノロジが組み込まれたチップセットを使って、オーバークロッキングを抑止することができる。

このOCガードテクノロジ特許を要約すると、これまでのチップセットではCPUに入力されるクロックが規定のクロックであるかどうか検出することはできなかったが、新たに検出ロジックをチップセットに組み込むことにより、規定クロックであるかどうか正確に検出することができるようになる。検出ロジックにより、もし規定クロックでない場合はCPUのパフォーマンスを低下させるかもしくはCPUをストップし、規定クロックでないとそのCPUが正常に動作しないようになる。

 オーバークロックガード検出ロジック概要

このOCガードテクノロジの要となっているのは、32.768kHzの基準クロックが入力される検出ロジックでクロック管理を行うことができ、CPUに入力されたクロック値を測定できることにある。32.768kHzというクロックはタイマー発生のためのクロックで、このクロックを乗っ取るとタイマーが狂いPCが正常動作しなくなるので、容易にはハッキングできない。

 CPUクロックコントロールロジック概要

このOCガードテクノロジではOC状態を検出するというだけでなく、オーバークロックされて規定のクロックでない場合は、チップセットのCPUクロックコントロールロジックにより、クロックを切り替えて低速クロックでCPUは駆動されるようになる。また過度なオーバークロックを行っていると判定されると、電源監視機能や温度監視機能が働きCPUを停止するメカニズムも設けられており、オーバークロックによる誤動作やCPU保護機構を併せ持っているのが特徴である。

 OCガードテクノロジはノースブリッジに導入される設計のようだ

なお、このOCガードテクノロジは特許を取得した段階であり、実際のチップセットに搭載されるかどうかは不明で、現状のPCですぐにOCガードテクノロジが導入されることにはならないものと思われる。

(PC Creation)

米国特許庁特許データベース
http://patft.uspto.gov/

米Intel
http://www.intel.com/



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

G-Tune、「ストリートファイターV」推奨デスクトップPCの世界王者モデル
[17:00 5/28] パソコン
マウス、Geforce GTX 1080搭載の限定PCを受注開始 - 全国キャンペーンも
[16:35 5/28] パソコン
[機動戦士Zガンダム]サイコ・ガンダムMk-2が20センチの巨大食玩に 変形も
[16:21 5/28] ホビー
ムロツヨシ、股間撃たれるシーンに初挑戦! 自分の「ツヨシ」は無事
[16:16 5/28] エンタメ
ANA、ベトナム航空提携で最終契約書 - コードシェアでマイル加算も可能に
[16:00 5/28] 趣味

特別企画 PR

求人情報