「週刊 リアルロボット」のデアゴスティーニが説明会 - ロボット博士も来日

 

分冊百科「週刊 リアルロボット」創刊を発表したデアゴスティーニ・ジャパンは、付録となる組み立て式ロボット「サイボット」の開発者、イギリス レディング大学 サイバネティクスの教授 ケビン ウォーリック氏を招いて説明会を開催した。

サイボットの各種センサ 丸い突起に光センサ、超音波センサなどが組み込まれている。赤外線センサは本体下部 
内部の基盤が見えているところ

週刊 リアルロボットには、毎号サイボットを組み立ててゆくパーツが付属する。組み立てはドライバがあれば大丈夫。ロボットに関する歴史や技術なども、図解入りで解説されている。現在60号までの刊行が予定されており、1号から17号で外観と基本的な機能が完成し、線をたどる、光を追う、障害物を避ける、人についてくるといった機能が楽しめる。それ以降の号では、サイボットのプログラミングができたり、音声(日本語にも対応)認識にも対応したりとサイボットは賢くなっていき、さらにはサイボット同士で遊べたり、サイボットがサッカーをできたりと様々な楽しみ方ができるという。つまりサイボットが完成した後もカスタマイズやプログラムなど無限の可能性を秘めている。なお、途中でハンドセット(コントローラ)やヘッドセット(音声認識用)、F1カーを模したボディパーツ「チームサイボット」などが提供される。

左がチームサイボット装着時 
ヘッドセットとハンドセット

実際にサイボットのデモも行われた。サイボットには光センサ、超音波センサ、赤外線センサなどが搭載されている。シートの上の黒い線をたどっていく姿は、やはりちょっと虫っぽい。

黒い線をたどるサイボット
動画 WMV形式 350KB

サイボットのベースとなった「ドワーフ」、その開発グループのリーダー ケビン ウォーリック氏は、自らの体内にシリコンチップを入れる実験などで知られている。同氏は、サイボット自身が他の研究機関のロボットと比べはるかに安いということ、週刊ということから、少しずつ、実際に組み立てて、パーツを学びながらロボットの知識が身に付くことなどを強調した。同氏の研究は、ロボットがどのような感覚を持ち、どのようなことを考えるかを理解したいのだという。実際にサイボットにも搭載する超音波センサを体に接続した同氏は、アイマスクをしても、腕に接続された超音波センサにより、物体を避ける事ができたと研究の成果を発表した。

サイボットとケビン ウォーリック氏 実験のために体の中にシリコンチップを入れてしまったという
超音波センサを試しているというスライド

付録を組立てると動くロボットが完成、「週刊リアルロボット」創刊
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/02/25/20.html

【レポート】第3回ROBO-ONEは白熱した対戦が続出!(1)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/02/04/20.html

デアゴスティーニ・ジャパン
http://www.deagostini.co.jp/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー

求人情報