PS2、初代プレステよりも1年2カ月早く5,000万台突破

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、同社が販売する家庭用ゲーム機「プレイステーション 2(PS2)」が1月15日に、生産出荷台数が累計5,000万台に達したと発表した。PS2は2000年3月4日に発売開始されており、発売開始後約2年10カ月での5,000万台突破となった。

5,000万台という出荷台数は前モデルにあたる「プレイステーション」の発売後同期間の出荷台数に比べても約2.1倍にあたる数量で、プレイステーションに比べ、1年2カ月早い5,000万台達成となっている。PS2の出荷台数を対応地域ごとに分類すると、日本を含むアジア圏が1,253万台、北米圏が2,148万台、欧州圏(PAL地域)が1,602万台となっている。

また、同社が次世代戦略の柱に掲げているネットワーク接続サービスについても、ネットワーク接続アダプタの出荷台数は北米圏で40万台超、日本でも19万台に達しており、今後、欧州圏および韓国でもネットワーク接続サービスが提供される予定となっている。

今後、同社では「音楽・映画・放送・出版などが融合する新しいブロードバンド時代の"コンピュータ・エンタテインメント"の創造と市場拡大を推進してゆく」としており、PS2を単なるスタンドアロンのゲーム機とは捉えず、ネットワーク接続サービスの一層の普及を図り、新たな市場創造を目指す方針だ。

プレイステーション2の累計出荷台数が4,000万台を突破
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/09/19/21.html

ソニー、2002年度戦略発表、ゲーム、コンテンツも事業の核に
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/05/14/32.html

ソニー・コンピュータエンタテインメント
http://www.scei.co.jp/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事