【Internet Week 2002レポート】初日レポート ドメイン名に関する最新動向

 

今年のInternet業界の事実上の締めくくりを飾るイベントとして、「Internet Week 2002」が16日より20日までパシフィコ横浜で開催されている。初日の16日はJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)主催の「第3回 JPNIC Open Policy Meeting」、「ドメイン名に関する最新動向」の2セッションをメインに各種プログラムが開催されているが、その中から本稿では「ドメイン名に関する最新動向」のセッションの模様をレポートする。

○.jpドメインは50万突破が間近、今後はwhoisの扱いが問題

jpドメインの登録状況に関するトピック

まず午前中は.jpドメインの現状に関する報告や国際化ドメインの現状、ICANN改革などに関する解説が行われた。ICANN改革や国際化ドメインについては先日の「第5回 ICANN報告会」のレポート( 【レポート】組織改革で揺れるICANNの現状が報告 - 国際化ドメインも間近 )でお伝えした内容とほぼ同じのため省略するが、.jpドメインの現状については、12月1日現在でドメインの登録件数が498,912件と50万件突破まであと一歩と迫っており、.com/.org/.netの登録数が昨年10月をピークに減少傾向にあるのに対し(ただし最新のデータでは若干ながら増加に転じている)、.jpドメインの登録数が順調に増加していることが報告された。

ただ、従来から使われている属性型ドメインについては、ne型(ネットワークサービス)・gr型(グループ)の2属性について登録数が減少に転じている。これは、従来個人が.jpドメインを取得するにはこの2属性を利用するか地域型ドメインを使うしかなかったのが、汎用jpドメインの登録開始により個人のニーズがそちらに流れたことが影響しているという。実際、今回示されたデータでも、汎用jpドメインの新規登録者数に対する個人ユーザの割合は約3割にも達するということで、個人ユーザのjpドメインに対するニーズが高いことが実証された。

汎用jpドメインの登録者に関する解説

また、個人ユーザの増加に伴って昨今問題になってきているのが、ネットワーク管理者情報などを格納する「whoisデータベース」の取り扱い。個人ユーザがドメインを取得する場合、取得するドメインによっては管理者情報として個人名や連絡先が公開されてしまうことから、個人情報保護の観点からこれらを非公開にするよう求める声がある一方で、ネットワーク管理はもちろんのこと、商標とドメイン名に関する紛争処理の観点などから管理者情報をリアルタイムに公開するよう求めるニーズもあり、whoisデータベースをどのように管理するかが難しい状況にある。

現在.jpドメインを管理する日本レジストリサービス(JPRS)では管理者情報を2つに分離し、住所などのネットワーク管理への直接の関係が薄く、かつ個人の特定につながるような情報については書面による開示請求にのみ応じる体制を取っているが、国際的には管理者情報の取り扱いに関する統一基準がなく、どこまで個人情報を開示するかは各TLDの管理者によってまちまち。そこで現在ICANNではこの点に関する統一ポリシーを定めるための検討を行っているとのことだ。

最近では個人情報がopenになるのを嫌って、ドメイン名の取得の際に偽名や架空の連絡先などを使ったり、引越などに伴う連絡先の更新を行わない例も増えているが、そのせいもあってかネットワーク障害時の連絡が取れないなどの問題も増えている。こういった統一ポリシーの策定にはこのような問題を少しでも減少させる効果が期待できるだけに、今後の動きには注目したい。

○積極的にgTLDの売り込みを図るレジストリ各社

昼食休憩を挟み、午後の最初のセッションのテーマは「gTLD」。今回は会場に.com/.netのレジストリであるVeriSign、.infoのレジストリであり来年から.org(Public Internet RegistryがVeriSignよりレジストリを引き継ぐ)のバックエンド業務も担当するAfilias、そして.nameのレジストリであるGlobal Name Registry(GNR)の3社の担当者が顔を揃え、それぞれ自社が管理するgTLDのメリットを強調して売込みを図っていた。

 VeriSignのJeongjun Seo氏
 VeriSignが登録を受け付けた国際化ドメインの国別割合。漢字のものは全て「Chinese」扱いとなっているため「Japan」の割合が若干低くなっている

なかでも気合が入っていたと筆者が感じたのはAfiliasのRoland LaPlante氏。何しろ同社による.orgの登録業務開始が来年1月15日からとあと約1カ月後に迫っている上、同社が以前から管理している.infoに関しては総登録数のうちアジア圏からの登録がわずか1.1%にとどまっているという事情もあり、同氏は「.infoは.comに比べるとドメインが空いているし、.bizよりも支持を得ている」「.orgも米国以外での普及率は低く、まだまだ伸びる余地は大きい」などと熱弁を振るっていた。

AfiliasのRoland LaPlante氏
.infoの現状

一方、VeriSignのJeongjun Seo氏は、同社が展開している国際化ドメインのテストベッドの運用状況に関して解説を行った。現在までに登録されている国際化ドメイン(約100万件)のうち、日本語(ひらがな・カタカナのもの)によるドメインの登録数は全体の14%、漢字によるものも含めると全体の22%を日本からの登録が占めているそうで、この割合は中国・韓国に次ぎ第3位に相当する。ただ人口当たりのドメイン取得数でいえばアジア諸国の取得数はまだ欧米の1/10以下に留まっていることから「まだまだアジア圏ではドメインの需要が伸びるだろう」と同氏は述べた。

 GNRのAllan Van Buhler氏

またGNRのAllan Van Buhler氏は、「他のドメインはビジネスベースでの展開が基本だが、.nameは現在5億人とも言われる世界中のInternetユーザ一人一人に対して売れるチャンスがあり、潜在市場は比べ物にならないほど広い」として.nameの将来性を訴えた。また会場から「自分の名前をドメイン名やメールアドレスに使用するとなると、いわゆるDictionary AttackなどによるSPAMの被害に遭いやすいのでは?」との質問が飛ぶと、「現在はISP側に対策を依存している状態だが、レジストリとして対応可能な対策があれば採用を検討していきたい」と述べていた。

○ドメイン名紛争に勝つコツは「アダルトに使わないこと」?

最後に行われたのは.jpドメインを巡る紛争処理にまつわる話題のセッション。今回は「iybank.co.jp」を巡る紛争でイトーヨーカ堂側の代理人を勤めた下河邊由香 弁護士、「mp3.co.jp」事件で元々同ドメインを所有していたシステム・ケイジェイの代理人となった小倉秀夫弁護士の2人が実際の事件をケーススタディに解説を行うという趣向がなされ、いろいろ裏話的なエピソードも飛び出した。「iybank.co.jp」事件の原告(=元々の同ドメインの所有者)の社長が実は「sonybank.co.jp」を巡る紛争にも絡んでいたという下河邊弁護士の話も面白かったが、それ以上に興味深かったのはやはり「mp3.co.jp」事件の方。

 下河邊由香弁護士
 小倉秀夫弁護士

同事件は日本知的財産仲裁センターによる仲裁で一度mp3.com社へのドメイン所有権移転が認められながら、裁判所での裁判で判断がひっくり返るという珍しい結果となった事件だが、例えば不正競争防止法第2条1項12号(ドメイン名の不正使用に関する条項)が裁判の開始時にはまだ施行されていなかった(成立はしていた)のに、裁判官が原告・被告双方の同意を取って同条項に基づき審理を進めた話や、裁判官から何度か原告(=システム・ケイジェイ)に対して「いくらならいいんだ」と和解を勧められたのに対して原告が「ドメインを譲る気はない」と一貫して和解を拒否した話など、まさに裏話のオンパレード。最後に小倉弁護士がドメイン名紛争に勝つコツとして「とにかくわいせつサイトに使わないこと」と話すと会場は爆笑の渦に包まれた。

(佐藤晃洋)

Internet Week 2002
http://internetweek.jp/

JPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)
http://www.nic.ad.jp/

日本レジストリサービス
http://jpinfo.jp/stats



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ
哀川翔、本業はもはやカブトムシ飼育!?「来年は大きさでギネスを狙います」
[21:30 10/1] エンタメ
[三吉彩花]初の写真集でロングヘアを40センチばっさり セクシービキニも披露
[21:00 10/1] エンタメ
川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ

求人情報