ASUSTeK、デュアルチャネルDDR333対応マザー「P4SDX」を発表

 
 P4SDX

ASUSTeKはチップセットにデュアルチャネルDDR333に対応した「SiS655」を搭載したマザーボード「P4SDX」を発表した。量産出荷時期・価格は未定だが、11月下旬にはサンプル出荷が開始される予定。

搭載されるSiS655はPentium 4対応のチップセット(NorthBridge)で、デュアルチャネルDDR333に対応、理論上はDDR333(2.7GB/sec)の倍速である5.4GB/secの帯域幅を確保することに成功している。現在、Pentium 4のFSBは最高で533MHzであるので、FSBの帯域幅は4.2GB/secとなっているが、PC800 RDRAMと組み合わせた場合で3.2GB/sec、DDR266(PC2100)では2.1GB/secとメモリ側の帯域幅がボトルネックなってしまってる。デュアルチャネルDDRはそのボトルネックを解消する手段として注目されていた。

ほかにも、最高2.12GB/secとなるAGP8Xインタフェースを備えるほか、SouthBridgeにはSiS963を組み合わせることによって1GB/secのMuTIOLやUSB 2.0を6ポート備えるなど、最新製品にふさわしい機能を手に入れている。

P4SDXの対応CPUはFSB400/533MHzのPentium 4で、インテルが今年第4四半期にも投入を予定しているHyperThreadingテクノロジを搭載したCPUにも対応している。また、DIMMスロットは4基で、PC2700/2100/1600のDDRメモリを最大4GB搭載可能。

オンボードデバイスとしては、C-MediaのCMI9739A(6chオーディオコーデック)が搭載され、オプションとして、Broadcom 4401(10/100 Ethernet)、Broadcom 5702(ギガビットEthernet)、PromiseのシリアルATAコントローラなどが用意される。

6月に行われたCOMPUTEX TAIPEIで行われた講演の際、インテルのMike Splinter氏は2003年のデスクトップPCプラットフォームの要件として、「Hyper-Threading」「AGP8X」「IEEE802.11」「シリアルATA」「デュアルチャネルDDR 333」などを挙げており、今回発表されたP4SDXを見るとそのほとんどを満たしていることが分かる。11月末にサンプル出荷となることから、早ければ年内にも市場に登場するかと思われるが、2003年を先取りする製品として注目を浴びそうだ。

【COMPUTEX TAIPEI 2002レポート】デジタル宇宙へ飛び立つインテル-PrescottはデュアルチャネルDDR333対応か
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/06/04/09.html

【COMPUTEX TAIPEI 2002レポート】648、755、新型XabreなどアグレッシブなSiS
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/06/06/11.html

ASUSTeK
http://www.asus.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン

求人情報