【レポート】携帯をかざしてキャッシュレスでお買い物!! Cmodeを体験しよう

 
 Cmode対応自販機

コカ・コーラのような字体で「C」。こんなマークを町中で見かけたことはないだろうか? コカ・コーラのマークのようでそうでない、modeと書いてあるがiモードでない。実は「Cmode(シーモ)」サービスに対応した自動販売機につけられているのがこのマークなのだ。昨年夏に実証実験が開始され、4月には本サービスが開始されたCmodeサービス対応自動販売機を見つけたので、早速、体験してみた。

○Cmodeって何?

Cmodeを体験する前に、ちょっとCmodeについておさらいをしておこう。Cmodeは、昨年3月に日本コカ・コーラ、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、伊藤忠商事の3社が締結した合意に基づくサービスの名称。iモード携帯電話と対応の自動販売機(愛称「シーモ」)を連動させることにより、「情報発信サービス」「コンテンツサービス」「ポイントサービス」を提供するサービスだ。

「情報発信サービス」はCmode対応自動販売機を街頭の情報ターミナルとして使用することのできる機能で、「コンテンツサービス」ではCmode対応自動販売機からiモード対応携帯電話の着信メロディや待ち受け画面などの購入が可能。「ポイントサービス」はCmodeサービスを使用するとポイントがたまり、そのポイントで新たなサービスを購入したり、飲み物と引き替えることができるサービスだ。サービスを利用するには会員登録(無料)が必要。

 「Cmode」のマーク
 iモード上でユーザー登録を行うと、サービスが利用できる

会員になるにはiモードメニューにある、日本コカ・コーラのiメニューサイト「コカ・コーラ モーメント」の「Club Cmode」にて、登録を行う。そこで会員登録を行うと、「Cチケット」「ポイントパス」と呼ばれる会員証がiモード対応携帯電話の画面上に発行できるようになるので、その画面をCmode対応自動販売機にかざすと個人認証が行われ、サービスが利用可能になる。

大まかな流れとしては、iモード上でほしいものやサービスを選択→携帯電話の画面にバーコードが表示→バーコードをCmode対応自動販売機にかざして認証→飲み物、ゲーム、チケット、着信メロディを入手 という流れになる。サービス料金の決済には、(1)シーモ対応自動販売機に直接現金を入金して使用する、(2)蓄積されたポイントによる決済、の2通りが用意されている。

つまり、自動販売機を携帯電話と連動した情報ステーションにしてしまおう、という発想のサービス。有料コンテンツ決済という面では、Cmodeサービスは自動販売機から入金が可能になっているのが特徴だ。町中で多く見かける自動販売機から入金が行えるというのは、ネット決済の手間の軽減に一役買うのではないだろうか。

○かざすだけで飲み物が買える! キャッシュレスはちょっとカッコイイ

案ずるより産むが安し、という訳で早速Cmode体験をしてみようとまずはCmode対応自動販売機を探す。iモードの「コカ・コーラ モーメント」の「Club Cmode」にはCmode対応自動販売機の設置されている場所も掲載されているので、最寄りを探したところ新宿西口に設置されていたので、そこへ向かうことにした。

 自販機にはCmodeサービスの流れを簡単に説明するPOPが
 これが「Cチケット」有効時間は60分に設定されている

実際に目の当たりにしたCmode対応自動販売機は、意外にふつうな印象。コカ・コーラの自動販売機と色遣いが似ているためか、何気なく歩いていると見逃しまいそう。しかし、近づいてみてみると、「ケータイ認証窓」がついているところがこれまでの自動販売機とは決定的に異なるところだ。Cmodeの会員登録したときに、120ポイント(1ポイント1円相当)を手にしていたので、早速ポイントで飲み物を買ってみることに。

携帯でCmodeのサイトに入り、「ポイントで購入」を選択、そこで「ドリンク購入」を選ぶと、携帯の画面にバーコードが表示される。そのバーコードを画面に表示させた状態でケータイ認証窓に近づけると…… 画面が切り替わってCチケット認証画面に。 無事、認証が成功すると名前の確認へと進み、次の画面で、飲みたい飲み物のボタンを押すと無事に、缶ジュースが手に入った。

  Cチケットを画面にだした状態で認証口にかざすと……
 個人認証がされて、サービスが利用できる状態になる

会員登録をした際に手にした120ポイントを使ったため、ポイントが0になってしまった。そこで、1,000円をプリペイド入金しておくことにした。これも手順は簡単。Cmode対応自動販売機の「C」ボタンを押して、「入金」を選択して自動販売機にお金を入れればいい。非常に簡単。入金をしておけば「プリペイド」方式による決済が可能にある。ちなみに、入金時には領収書の発行をしてもらうこともできる。

○飲み物だけじゃないぞ

 飲み物だけでなく、地図やチケット・iモードのコンテンツも購入可能

ここまではCmode対応自動販売機を使って、ポイントを使って飲み物を買うまでの流れを体験してみたが、Cmodeの特徴はキャッシュレスで飲み物が買えるだけではない。

Cmode対応自動販売機には全てプリンタが標準で備えられているので、そのプリンタを使って、その自動販売機周辺の地図やテーマパークの前売り券をプリントアウトしたり(現在は東京ジョイポリスの前売りチケットが購入可能)、着信メロディや壁紙、iアプリといったiモードのコンテンツを購入する際にCmode対応自動販売機で入金したお金や、Cmodeサービスを使用した際にたまるポイントを使用することもできる。

地図はiMapFanから提供を受けているもので、地図1枚は30円から。現在は東京、名古屋、京都、神戸のCmode対応自動販売機設置エリアを中心にカバーされているが、盛岡、仙台、大阪、福岡の各地域も順次カバーされる予定だ。

チケットは、現在東京ジョイポリスのものしか販売されていないが、販売されているパスポートは3,300円(大人)と、通常、窓口で販売されているものよりも500円オトク。その上、Cmodeのポイントが165ポイント(パスポート大人1枚)もらえるので、そのポイントで飲み物を買うもよし、iモード用のコンテンツを買うもよし。知っていて損はないサービスだ。

○ネットとリアルの間にCmode なんといっても対応自動販売機の普及がカギ

 対応自販機の数がなんと言ってもポイント

まだ、本サービスが開始されたばかりということもあってか、対応自動販売機の設置数が少ない、認知度が上がっていない、プリンタを使うコンテンツが地図とジョイポリスの前売り券しかないなど、Cmodeサービスが解決すべき問題は多い。しかし、自動販売機という町中にありふれたものを媒体として、iモードとその他のコンテンツを結びつけようとする発想は秀逸だ。

Cmodeサービス普及の鍵を握るのは、なんといっても、対応自動販売機の普及台数だろう。このサービスはiモードサービスの延長というよりも、自動販売機が情報端末として進化したという点に注目すべきであり、そうした点からも、対応自動販売機の数はサービス普及の生命線といえる。まず、設置台数を増やせば、サービスの認知度が上がり、使用したい企業が増え、ユーザーもついてくるという好循環が期待できるからだ。本サービス開始時にコカ・コーラ、NTTドコモ、伊藤忠商事の3社は、今年末までに2,000台を設置するとしており、町中の自動販売機で「Cmode」マークを見かける日もそう遠くないだろう。

また、コカ・コーラのiモードサイトでは、先日登場した504iシリーズに対応したiアプリとして、赤外線機能を使って飲み物を買えるサービスが8月には登場すると告知されており、登場すれば、離れた場所からあたかもリモコンで自動販売機を操作するような、ちょっと楽しげなことが実現するかもしれない。

(渡邊宏)

自動販売機は情報発信端末へ - iモードと連携した「Cmode」の実証実験開始
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/08/08/23.html

iモードと連携した自動販売機「Cmode」 全国展開へ
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/04/15/20.html

Cmode
http://www.cmode.jp

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp

日本コカ・コーラ
http://www.cocacola.co.jp

伊藤忠商事
http://www.itochu.co.jp



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー

求人情報