ソニー、2000曲の保存が可能なHDD内蔵車載オーディオ端末「MEX-1HD」発表

「MEX-1HD」
ソニーマーケティングは、内蔵のハードディスクに2,000曲以上を保存することができ、車の中で聴きたい時にすばやく検索して楽しめる車載用オーディオライブラリ・システム「MEX-1HD」を発表した。7月1日より発売の予定で、希望小売価格は160,000円。

容量10GBのハードディスクを搭載しており、「ATRAC3」フォーマットにより、1曲4分で計算した場合、ビットレート132kbpsで約2,000曲、105kbpsのときで約2,500曲の保存が可能だ。録音した曲はアルバム・フォルダで管理され、よく聴く順やアルファベット順などで並べ替えることもでき、検索性の高い音楽ライブラリーを作ることができる。HDDへの録音は、音楽CDから最大8倍速で行うことができるが、邦楽・洋楽約85,000タイトルの曲情報データベースを内蔵しているため、検索により曲のタイトルやアーティスト名が自動的に入力される。

HDDのほか、トレイ式CD-ROMドライブ、メモリースティックスロット、デジタルI/O端子、AM/FMチューナー、パワーアンプなどを搭載しており、HDD内の音楽データのほか、通常の音楽CD、MP3の音楽データが保存されているCD-R/RWも再生が可能だ。また、マジックゲートメモリースティックを使って音楽データをチェックアウト/チェックインすることもでき、対応するポータブル機器に持ち出して楽しむことができる。

また、内蔵のHDDには音楽データのほか、画像データも保存することが可能で、それにより旅先でメモリースティックの容量が足りなくなったときなど、一時的な保存先として利用することもできる。

【東京モーターショー2001レポート】車をますます快適に - 車載機器の未来
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/10/24/22.html

ソニー
http://www.sony.co.jp/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事