日本ベリサイン アスキーからドメイン名登録事業を譲受(WebBCN)

電子認証サービス会社の日本ベリサイン(川島昭彦社長兼CEO)は5月14日、マスマーケット(一般ユーザー)向け営業体制を強化し、新たにドメイン名登録事業、オンライン決済サービス事業を開始する、と発表した。

ドメイン事業については、アスキー(鈴木憲一社長)から登録関連部門の資産譲渡を受け、5月27日から提供を始める。「電子商取引市場がこれまでのエンタープライズ市場だけでなく、マスマーケット市場にまで拡大しつつある」(川島社長)なかで、事業領域の拡大で収益拡大を図る。

マスマーケット分野の強化に向け、同社ではこのほど「マスマーケット営業部」を新設、営業・サービスの両面で体制強化を行った。アスキーからは、「.com」「.org」「.net」などのドメイン名登録、更新、転送、保管に関するサービスのすべてを事業取得し、「ベリサイン ドメインネーム サービス」として提供を始める。

オンライン決済サービスについては、NTTコミュニケーションズ(NTTコム、鈴木正誠社長)と業務提携。NTTコムが2000年から商用提供しているEC決済サービスを活用し、「ベリサイン ペイメント サービス」を7月1日から開始する。

同社では両新規サービスへの参入と合わせて、主力事業の電子証明書発行サービスで国内主要ISP7社と提携。一般個人、企業内個人向けに各ISPとの共同ブランドによる電子証明書発行サービスも7月から始める。これにより各ISPの会員は、電子メールへの署名・暗号化、電子ファイルへの署名サービスなどが受けられる。

今回提携したISPは、IIJ4U(運営・インターネットイニシアティブ)、@Nifty(同ニフティ)、OCN(同NTTコミュニケーションズ)、DTI(同ドリーム・トレイン・インターネット)、BIGLOBE(同NEC)、famille(同丸紅テレコム)、VECCEED、ゲートウェイネット(同グローバルソリューション)の7社。

日本ベリサイン
http://www.verisign.co.jp/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事