テロ事件便乗の詐欺ビジネス - 使えない「.usa」ドメイン販売業者に制裁

米連邦地方裁判所は、米連邦取引委員会(Federal Trade Commission)の要請を受けて、実際には使用できない「.usa」ドメインを販売して不当な利益を得たとして、販売業者の営業サイトの閉鎖を命じた。営業停止処分に加え、被害者に対する返金措置などを念頭に置いた、同社の資産凍結も行われる。

折りしも米国では、対米同時多発テロ事件発生から半年が経過し、昨日は各地で追悼記念式典が行われた。処分を受けた販売業者は、事件発生後にスパムメールを大量送信し、「祖国を愛するなら、ドメインは.comでなく.usaに」といったメッセージで、全米で高揚した愛国心に訴えかけた。しかしながら、同社の登録サイト「www.dotusa.com」にアクセスし、登録料金としてUS59ドルを支払っても、実際には.usaドメインはインターネット上で使用できない。

英国においても、同社は似たような手法で「.brit」ドメインを販売し、この1年間でUS100万ドルに上る収益を不当に得たとされており、捜査には英公正取引庁(Office of Fair Trading)も協力を表明。スパムメールを利用した詐欺商法に対し、厳しい措置が取られることとなった。

関連記事
協同組合専用の新ドメイン「.coop」が登場
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/01/31/14.html

「.name」の運用開始、初めての個人用ドメインが実現
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2002/01/16/16.html

「.com」なんてもう古い!? 「.shop」「.xxx」など20の新ドメインを楽々取得
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/03/07/12.html

WTC崩壊で大混乱のNY - ニュースサイトはアクセス過多でパンク状態
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/09/12/50.html

英公正取引庁
http://www.oft.gov.uk/

米連邦取引委員会
http://www.ftc.gov/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事