Shockwave Flashに感染する初のウイルス「SWF/LFM.926」 - 危険度は「低」

複数のウイルス対策ソフトベンダによると、米国時間の1月8日、MacromediaのShockwave Flash(.SWF)ファイルを経由して感染する初めてのウイルス「SWF/LFM.926」が発見された。WindowsNT/2000/XPにのみ影響を与え、.SWFファイルだけに感染し、メール送信などの感染拡大を行わないため、危険度は「低」とされる。

.SWFは、Webサイトにアニメーションを加えるためによく利用されるShockwave Flashのファイル。新しいウイルスであるSWF/LFM.926は、.SWFファイルが実行されると、CMD.EXE、DEBUG.EXEを使い、「V.COM」を作成した上で実行するスクリプトを走らせる。V.COMは、同じフォルダにある.SWFファイルに同様のウイルスを感染させる仕組みだ。感染活動は、.SWFファイルを実行した際に表示される「Loading.Flash.Movie...」というメッセージの間に行われる。

感染した.SWFファイルをWebに掲載した場合、サイトを訪問したユーザーも感染する可能性があるので注意が必要だ。感染しても、同じフォルダの.SWFファイルを書き換えるだけで、メール送信などで自身を配布することはなく被害の拡大は少ない。しかし、感染した人が同じフォルダに.SWFファイルを大量に保存している場合などで、感染規模が広がる可能性もある。

初めてShockwave Flashファイルに感染するウイルスの登場ではあるが、現時点では感染力・破壊力ともに低く、危険性は薄いものの、今後どのような亜種が登場するか分からないので、ユーザーは注意が必要だろう。なお、トレンドマイクロによれば、現時点で日本での感染報告はない、とのこと。

Macromedia
http://www.macromedia.com/

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事