ついに日本語表示に対応し、世界最速ブラウザ「Opera6.0」ベータ版が登場

ノルウェーのOpera Softwareは、米国ラスベガスで開催中のComdex Fall 2001において、同社が開発している高速Webブラウザ「Opera6.0」ベータ版を発表した。対応OSはWindows95/98/Me/NT4/2000で、同社のサイトから無料でダウンロード可能。広告表示付きの無料バージョンが用意され、US39ドルで正規ユーザー登録が行える。なお、前バージョンの「Opera5.x」シリーズの登録ユーザーは無償でアップグレードできるようになっている。

Internet ExplorerやNetscapeよりも軽く、世界最速のWebページ表示をアピールしているOperaブラウザが、「Unicode Worldwide Character Set」の標準サポートによって、アジア太平洋地域や東ヨーロッパなど英語圏以外の国や地域の言語ページも、快適に閲覧可能になった。長く待ち望まれていた日本語ページ表示への対応で、ついに日本人ユーザーも、その速さを手軽に体験できる。実際にインストールして使ってみると、メニューやガイダンスは英語で表示されるものの、一般的な日本語ページなら、ほぼどれでも問題なく見ることができ、確かに速いのがわかる。読み込んでいる間にウィンドウ下部に示されるロード時間、ドキュメント・イメージ読み込み率などの情報からも、軽快さを視覚的にとらえることができて心地よい。

Opera5.xシリーズのダウンロードは、全世界で600万件を突破しており、着実に利用者は増加している。バージョンアップにより、1ウィンドウに複数ページを同時に表示したり、ページ上の単語をダブルクリック/右クリックすると、サーチエンジンや百科事典、ショッピング、翻訳などの機能を呼び出してダイレクトに検索できる「Hotclick」機能が加わったりと、操作性も大幅に向上。起動時には前回に見た最終ページが表示されるように指定する、ICQのアカウントでインスタントメッセージを利用する、Microsoft Outlookのアカウントでメールを用いるなど、なかなか使えそうな機能も満載されている。

こうなると期待されるのは、ページの表示のみならず、全機能を日本語で利用できる日本語版の登場だが、現在はOpera5の日本語移行ツールの準備が進められているということなので、ぜひとも楽しみにしたい。

関連記事
携帯電話にも高速ブラウザ! 「Opera」がWAP2.0に対応へ
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/09/06/17.html

高速ブラウザ「Opera」がバージョンアップ、デザインもカスタマイズ可能に
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/06/28/15.html

Opera Software
http://www.opera.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報