マウス、キーストローク不要! タッチセンサー式「iGesture KeyBoard」登場

米FingerWorksは、パッド部分にタッチされた指の動きを解析して、ジェスチャーによる文字入力やマウス操作を可能にする「iGesture KeyBoard」をUS289ドルで発売する。PCとはUSBポート経由で接続し、ジェスチャーの操作コマンドはユーザーが自由に設定できるようになっている。

iGesture KeyBoardは、タッチセンサーから送られる多彩な指の動きを解析する「MultiTouch」技術を採用。パッド上で、人差し指と中指をクロスさせるとファイルを開き、5本の指を広げることで拡大表示、人差し指・中指・薬指を同時にスライドするとファイルの保存というように、登録したジェスチャーで自由自在にコマンドを実行できる。また、QWERTY配列の文字入力キーもタッチセンサー式になっているため、キーストロークなしで滑らかなタイピングが行える。軽くて薄いiGesture Keyboardは携帯性にも優れているため、マウスやテンキーを備えていないノートPCなどとセットで持ち歩くことで、その威力が発揮されるという。

同社は、iGesture KeyBoardの姉妹品として、テンキーとマウスパッド機能のみを搭載した「iGesture Pad」をUS189ドルで、通常のキーボード右側テンキー部分をMultiTouchに対応させた「iGesture Retro」をUS219ドルでラインナップに加えており、今後もキー配列のカスタマイズや多言語への対応、オリジナルデザインの製品の発売などが予定されている。日本語バージョンも用意されるため、間もなく国内でも実際の製品に出会えるかもしれない。

FingerWorks
http://www.fingerworks.com/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事