松下電器、レンズ部が分離してデジカメにもなる2WAY DVカメラ発売

ニュース
トップ

松下電器、レンズ部が分離してデジカメにもなる2WAY DVカメラ発売

  [2001/08/06]
普通に使えば通常のDVカメラだが・・・

松下電器産業は、レンズ部分が分離することで小型のデジタルカメラとしても利用することができるデジタルビデオ(DV)カメラ「ネットワーク2WAYデジカム NV-EX21」を発売する。DVカメラ利用時は縦型のDVカメラで、上部のレンズ部分だけを取り外せば、持ち歩きが容易なデジタルカメラにもなる。9月1日より販売が開始され、価格は205,000円。


このように2つに分離する
デジタルカメラとして利用できる

DVカメラ市場は、1998年の147万台をピークとして、普及率は37%(2000年)であるが、販売の伸びは微増にとどまっている。また同社の調べでは、DVカメラの使用頻度は月2~3回程度であり、同社ではこの使用頻度を伸ばし、需要を拡大することが急務と判断した。そうした状況下で開発されたのが今回の「NV-EX21」である。

レンズ部分が分離する、世界初というギミックにより、持ち運びが容易なサイズにすることで、日常的に携帯できるDVカメラを目指した。分離したデジタルカメラ部は、108万画素、光学10倍ズームを搭載しており、記録メディアはSDカードを採用する。静止画のほか、MPEG4による動画撮影、会議などの音声メモとして使えるボイスレコーディング機能が搭載されている。

本体サイズはDVカメラ時は50(W)×115(H)×106(D)mm、重量は約490g。デジタルカメラ時は52(W)×77(H)×106(D)mm、重量は約345gとなっている。アクセサリは、バッテリーアダプターユニットやACアダプターなどが同梱される「アクセサリーキット(VW-PEX21)」や「Bluetoothアダプターキット(VW-BT1C:9月上旬発売)」など、豊富に用意される。Bluetoothアダプターキットでは、PCとNV-EX21をワイヤレスで接続し、一定時間間隔で静止画を撮影、PCに送信したり、DVテープの画像を伝送したりすることができる。

デジタルカメラ部はそれほど大きくなく、片手にすっぽり収まる
オプションのBluetoothアダプターキット

同社では、分離したデジタルカメラ部は小型ながら、静止画や動画の撮影も可能なので、日常のビジネスユースなどには、デジタルカメラ部だけを持ち歩き、旅行先や子供の成長記録など、プライベートではDVカメラとして使う、という利用方法を想定する。DVカメラとデジタルカメラのユーザー層が異なるという認識を同社は述べ、1台2役のこの製品により、DVカメラユーザーの使用機会を増大させることで、DVカメラの更なる普及を図っていく。

松下電器産業
http://www.matsushita.co.jp/

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報