日立の世界最小非接触ICチップがもつ大きな可能性--新市場の創造に期待

 

日立製作所が開発した世界最小の非接触ICチップ「ミューチップ」は、その極小さが大きな可能性を秘めている。これまでにはみられなかった新市場が発展することさえ期待できる。同社では、この技術の事業化には並々ならない意欲を示しており、社内カンパニー「ミューソリューションベンチャーカンパニー」を設置するなど着々と準備をすすめている。

ミューチップは、指と比べても、これほど小さい

非接触ICチップは、リーダ/ライタなど、実際に接触する機器なしで、電磁波などを利用して、データの読み書きができる。今回同社が開発した「ミューチップ」は、2.45GHzの高周波アナログ回路と128ビットのROMを0.4mm角のチップの中に集積しており、世界最小で、紙に埋め込むことも可能だ。さらに、このチップは製造工程でデータをROMに書き込むわけだが、128ビットの認識情報に暗号技術を適用していることから、本物か偽者かを判別する、真正性保証機能が高度になる。

これまでにも非接触型ICチップはさまざまに利用されている。定期乗車券、入場券といった用途が代表例だが、この「ミューチップ」は、ともかく超小型であるため、従来の、「カード」に埋め込む程度のチップでは「大きすぎて」、とても使用できなかった分野での活用が見込まれる。

たとえば、有価証券やブランド品などに埋め込んで、真贋判定に用いれば、偽造防止ができる。また、物品や伝票に「ミューチップ」を直接埋め込めば、物流管理の自動化・効率化が実現する。実際には、商品券などへの活用が、実用化の第一歩とみられている。

さらに、このチップは、これまでにはなかった活用法が考えられている。まず、商品券の場合、流通の動きが瞬時にわかり、マーケティングにも利用できる。あるいは、医薬品の瓶に埋め込んでおいて、いつ、どのくらいの量をどんな症状の患者に適用したか、といったデータを書き込む、というような医療現場での利用も構想されているなど、これらのほか幅広い分野での応用が期待できる。

「ミューチップ」開発にあわせ、7月1日付で設立された「ミューソリューションベンチャーカンパニー」は、部品、システムなど、技術力を整頓、統合しながら、マーケティングと結びつけ、事業化を図っていく。ミューチップのコストは「1個あたり数10円よりは低くなるのでは」(同社広報)とのことだが、事業化の方向性は「製品としての供給というよりは、ミューチップを活かしたさまざまなアプリケーションや、システム、ソリューションの構築が中心になる」(同)という。同社では年末には何らかの製品を投入する予定で、2005年には約180億円の売上げを見込んでいる。

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

有吉弘行、夏目アナとの熱愛報道否定「誤報記事を書かれてしまって…」
[13:36 8/28] エンタメ
『ガンダムサンダーボルト』版MGサイコザクC3で公開、巨大バックパック再現
[13:34 8/28] ホビー
和田アキ子、清原テレビ復帰「『おまかせ!』は向いてない」
[13:04 8/28] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]8月29日 第127回 常子、星野への思い断ち切れず…
[13:00 8/28] エンタメ
マツコ、スポーツ番組MCに初挑戦 - リオパラリンピック選手に直撃取材
[12:54 8/28] エンタメ

求人情報