【レポート】検索一筋、インターネットの基本技術を極めたGoogleの強み(1)

  [2001/05/01]
 

今やウエブ検索で欠かせない存在と言えばGoogleである。その人気の秘密は、シンプルで分かりやすい操作、探しているホームページが的確に見つかる検索力、そして驚くような検索のスピードだ。2000年のWebby Awardsでは、Best Technical AchivementとPeople's Voice Awardsに選ばれた。NPD Online Researchの最新調査では、ユーザーの満足度を基準にした9つのカテゴリーのうち7つをGoogleが独占。92%のユーザーが検索サービスとしてGoogleを選択し、その内の96%がほとんどGoogleしか使わないと答えている。Googleは、ユーザーからの圧倒的な支持を背景に、今シリコンバレイで最も注目されている企業なのだ。

Googleが評価されているのは技術だけではない。現在、Googleは、そのビジネススタイルでも注目されている。と言うのも、ドットコム企業の王道は、株式公開、または自社売却によるステップアップである。その点でGoogleは、株式公開へ最も近い企業と言える。ところが、Googleは今だに株式公開を実現していないし、今のところ株式公開にはまったく興味がないという。資金集めに苦しんでいるドットコム企業には信じられないような話だろうが、Googleには株式未公開段階でもきちんとビジネスを軌道に乗せるだけの自信があるのだ。これがGoogleのさらなる評価に結びついている。

ネットバブル崩壊後、一般的にはドットコム企業というだけで、先行き不安のレッテルを貼られてしまうようになった。黒字転換を達成した企業がほとんどないのだから、その評価は仕方がない。だが、ドットコム企業の全てがダメだという訳ではない。IT産業は将来性豊かな分野であり、今は雨後のたけのこ状態で異常発生したドットコム企業が淘汰されている段階なのだ。これからは本当にビジネスとして通用する企業だけが生き残る。その生き残り組みの中で、新たなドットコム企業のビジネスモデルを確立しそうなのがGoogleなのだ。

○オフィス名物はアイスの食べ放題

左がLarry Page氏、右がSergey Brin氏

では、Googleとはどのような企業なのだろうか。Googleは、スタンフォード大学で知り合ったLarry Page氏とSergey Brin氏が実験的に作った検索エンジンが口コミで広がり、それがきっかけで98年に設立された。現在、在籍する約200人の従業員のほとんどは技術者で、40人が博士号を持っているという専門家集団だ。とはいえ、白衣を着てしかめっ面をした技術者の集まりではない。Googleplexと呼ばれるGoogleのオフィスにはサーバーが詰め込まれた部屋もあるのだが、他の部屋には食べ放題のBen & Jerryのアイスクリーム・バーやマッサージ・ルーム、卓球台、ビリヤード台、ピアノなどが用意されている。従業員の食事の出前を引き受けてくれるのは、元Grateful Dead専属の料理人というように、堅苦しいビジネスの常識にとらわれない、サンフランシスコのヒッピー的な文化も混ざり合った典型的なシリコンバレイ企業なのだ。

Googleのパフォーマンスの秘密はハードウエアとソフトウエアの両面にある。まず、Googleでは13億5,000万ものページのインデックスが、約7,000台のディスク・ドライブに分散・ミラー化されていて、専用のロードバランシング・ソフトウエアによって最も負荷の低いサーバーおよびディスク・サブシステムに処理が回されるようになっている。論より証拠、Googleでは検索時間が表示されるので、確かめてもらいたい。シンプルなキーワードなら、1秒とかからずに処理してしまう。

検索処理のスピード以上にGoogleの特長となっているのが、ページの重要度をウエブの特徴であるリンクから判断するPageRankというランキング方法だ。PageRankでは、他のページからより多くのリンクが張られているページがより重要と見なされる。また、重要とみなされているページからリンクが張られていれば、同じ1つのリンクでもより重要度が増すようになっている。また、PageRankではリンクされるぺージ数が増えるほどランク付けが正確になる。つまり、これまではウエブページが増えるほどランク付けは難しくなったが、PageRankでは検索対象となるページが多ければ多いほど、検索結果はより正確に絞り込めるようになるのだ。このPageRankに、テキスト・マッチ技術を重ね合わせて、Googleの的確なページ検索は可能になっているのだ。

○ライセンス先を脅かすGoogle

現在、GoogleはNetCenter、Yahoo!、BIGLOBE、RedHat、Wahington Postなど、130の顧客にGoogleの検索エンジンをライセンス供与している。これらライセンスを提供しているサービスとは別に、Google自体も自社のサイト( http://www.google.com/ )で検索サービスを行っている。Googleの検索サイトは、キーワード検索のみのシンプルなサイトに見えるが、実はディレクトリー検索も可能で、Deja.comから得たニュースグループの検索機能やホワイトページ(電話帳)検索機能も取り込んでいる。これに個人情報サービスやメールサービスなどを付け加えれば、すぐにでもポータルサイトとして機能しそうなサービスをGoogleは所有しているのだ。この点から、Googleはライセンス先であるポータル・サービスから顧客を奪おうとしているのではないかとも言われている。確かにそれだけの実力と人気を今のGoogleは持っているのだ。

だが、この見方をGoogleは完全に否定する。

「Googleの基本は優れた検索技術の開発・提供であり、ポータルとの関係維持によってGoogleの価値は引き出されるのです」とGoogleのBusiness Development and Sales部門副社長のOmid Kordestani氏。

インターネット技術に詳しい人の間では口コミで広がったGoogleだが、一般的な評価を確立したのはYahoo!のデフォルト検索エンジンに採用された時だった。実際の使用感覚よりも、著名なポータル・サービスが採用しているからという理由でGoogleを信頼する人も多い。また、ポータル・サービスには広告を収入源とするという不安定要素がある。広告収入はインターネットがもてはやされている時期は順調だが、現在のようにバナー広告の効果が問われ始めると、同じサービスを提供していても一気に収入は減ってしまう。その点、Googleのように企業相手に検索技術を販売するというスタイルは、トップクラスの技術を維持している限りビジネスとして安定感があるのだ。

(Yoichi Yamashita)

Google
http://www.google.com/

【レポート】検索一筋、インターネットの基本技術を極めたGoogleの強み(2)
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2001/05/01/02.html
に続きます。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

水樹奈々、7/13発売の34thシングルより収録曲情報を公開
[01:51 5/30] ホビー
林家たい平、24時間マラソンランナーに! 闘病中の師匠・こん平にパワーを
[23:27 5/29] エンタメ
Gカップ染谷有香、初体験の氷プレイに「恥ずかしさよりも凍えそうで…」
[23:00 5/29] エンタメ
Gカップ森咲智美、OS☆U卒業後の初DVDで「横乳がはみ出してしまって」
[23:00 5/29] エンタメ
[林家たい平]人生最高体重でひざに不安も 「24時間」マラソン「何とか完走を」
[22:26 5/29] エンタメ

特別企画 PR

求人情報