手を移動させずに、指先でキーボードもマウスも操作可能な新キーボード

 

米DataHand Systemsは、エルゴノミックデザインを採用し、手首への負担を減少させた独自形状のキーボード「DataHand ergonomic keyboard」を販売している。通常の「Personal Edition」のほかに、マクロ機能とキー割り当て変更機能を搭載した「Professional II」が用意されており、同社のWebサイトより購入が可能。価格はPersonal Editionが995ドル(約12万5,000円)、Professional IIが1295ドル(約16万2,000円)となっている。

このようなキー配列になっている
両手を置く位置は調節することもできる

DataHandは、通常の平面のキーボードと異なり、各指を定位置に置き、その指先にあるキースイッチを操作することで、文字入力やマウス操作が可能になる独特の操作方法。操作は、中央のボタンと、その周囲の上下左右にあるスイッチを押すことで行える。親指部の6つのキーには特殊な割り当てがされており、その中のモード変更スイッチを押すことで、各種の操作が可能になる。

用意されたモードは、「ノーマル(アルファベット入力)」「数字・記号」「ファンクションとマウスモード」「テンキーモード」の4つ。ちなみに、親指部のキースイッチには、「Return」「Tab」「Shift」「Control」などのキーが割り当てられている。

モード切替によって、平面のキーボードよりも多い132個のキーを利用することができる。ノーマルモードでは、通常のQWERTY配列のキーボードと同様の指使いで入力ができる。例えば、左小指を上に動かせば「Q」、押し下げれば「A」、下に動かせば「Z」などといった感じで文字の入力ができる。ファンクションとマウスモードでは、両手の人差し指部がマウスカーソル移動キーになり、中指と薬指によるマウスクリックによってマウスと同様の操作ができる。設定によって、3ボタンマウスと同じように操作することも可能だ。

手を自然な形に置いた状態で、キーボードとマウスのすべての操作ができるこのキーボード。同社によれば、DataHandを使えば、通常のキーボードと比べて指の移動は88%、指の作業量は80%減少し、平均16%作業効率がアップしたという。手首と手自体の移動は全くなく、手首や手だけでなく、肩や首、腰の負荷も減少するという。

特殊な形状のため、操作には慣れが必要だが、アリゾナ、カリフォルニア、ミシガンの各大学や研究所などがその効果を実証しているという。さまざまな研究結果の要約が同社のWebで公開されており、同社の自信のほどが伺える。残念ながら同社のWebサイトからアメリカとカナダへの配送のみで日本からの購入はできない。

DataHand
http://www.datahand.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア

求人情報