goo、新検索エンジンを開発、世界初の「ロボット型ディレクトリ」を開始

  [2001/04/02]

NTT-Xは、Webサイトの検索サービスにおける新しい検索エンジンを開発、同社が運営するポータルサイト「goo」へ実装すると発表した。6月~7月頃には実装を終え、サービスを開始する予定。

新しく開発されたエンジンは、大規模にWebページを収集するロボットと、内容分析などによるカテゴリの自動分類、そして動的なカテゴリの自動生成を組み合わせ、「ロボット型ディレクトリ」を実現する。

具体的には、収集されたWebページに対し、同社オリジナルの「自動ページ編纂技術」によってそのページが属するWebサイトを再構築する。収集したWebページに対しては、重要キーワード抽出プログラム「indeXer(インデクサ)」による解析を行ったうえで、NTTサイバーソリューション研究所の「自動サイト分類技術」を用いてカテゴリに自動分類する。

通常のディレクトリ型サービスでは、人の手によるカテゴリ分類が主流であり、膨大なWebサイトを網羅することができなかった。また、ロボット型のページ収集では、検索結果が多くなりすぎる嫌いがあった。

新開発のエンジンは、その欠点の解消を狙っており、ロボットによる収集にプラスして、ロボットによる自動のカテゴリ生成が特徴となっている。さらに生成されるカテゴリは、ユーザーの利用動向分析により、ニーズの高い順に動的にカテゴリ配列が変更される。

例えばディレクトリ型サービスでは、「コンピュータ」という第1層目の親カテゴリがあり、その下に「ソフトウェア」「インターネット」という子カテゴリがある。さらにその下にカテゴリが続くわけであるが、通常、カテゴリやカテゴリに所属するWebサイトの配列は固定されている。新エンジンでは、ユーザーが多く訪問するサイトやカテゴリが、どんどん画面の左上に移動していく。同社の予定では、第2層目の子カテゴリまでは固定で、それ以下のカテゴリを動的に生成するという。ユーザーの利用動向によっては、第4層目のカテゴリが第3層目に上がることもあるという。一番左上を選びつづければ、最もユーザーのニーズが高いカテゴリやWebサイトを選択することができる、というわけだ。

また、キーワードやカテゴリによって検索されたWebサイトに対し、シームレスに絞込検索を行い、確実に必要な部分を検索できる仕組みも検討中だという。

goo
http://www.goo.ne.jp/



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』、イベント上映の"舞台挨拶"開催決定
[00:12 5/26] ホビー
「弱虫ペダル」実写ドラマ化!BSスカパー!で8月から放送
[00:00 5/26] ホビー
[弱虫ペダル]人気自転車マンガが実写ドラマ化 8月からBSスカパー!で放送
[00:00 5/26] ホビー
板垣恵介が6月にトークショー&サイン会、宮本武蔵が眠る地・熊本で
[23:10 5/25] ホビー
映画「高台家の人々」in渋谷マークシティ、キャストの着用衣装を展示
[23:01 5/25] ホビー

特別企画 PR

求人情報