Visor用の新拡張モジュールで動画が撮れる! プレゼンテーションもOK!

Visorにeyemodule2を装着

米HandspringのVisorのスプリングボード拡張モジュールとして、ディベロッパ2社が、Visorをデジタルカメラとして使用し、動画も撮影可能にする「eyemodule2」と、プロジェクターやVGAディスプレイと接続してプレゼンテーションが行える「Presenter-to-Go」を発表した。米国アリゾナ州フェニックスで開催された展示会「Demo2001」にて公開された。

米IDEOが発表したeyemodule2は、昨年に発表された「eyemodule」の後継機。カラー/モノクロで640x480ピクセルの画像を撮影可能で、タイマー撮影も行える。また、20秒程度であれば動画も撮ることができる「Mini-Movies」機能が加わった。画像、動画は共に、Visorでコメントを付けて編集し、ダイレクトに他のPalmデバイスへ送信できる。さらに、付属のソフトウェア「eyedrop」を用いると、PC上の画像をVisorにアップロードし、一覧のサムネイルで表示させられるので、Visorで画像を携帯して活用するといった使い方も可能になった。価格はUS199.95ドルで、すでに販売が開始されている。前バージョンよりUS50ドル高くなったものの、これだけの新機能で強化されたeyemodule2は、市場で高い評価を得ることになるだろう。

Visorでプレゼンテーション(イメージ)

一方、米MARGI Systemsから発表された「Presenter-to-Go」は、3月中に発売が開始される予定で、価格はUS299ドル。社名の「MARGI」は、サンスクリット語で「先駆者」を意味するが、Presenter-to-Goは、拡張モジュールに搭載された2MBのフラッシュ・メモリに100枚のスライドを携帯し、Visorの操作で、どこでも手軽にプレゼンテーションが行えるようにするという、正に業界の最先端を行くユニークなアイデアが実現された製品だ。

プレゼンテーションの資料としては、MicrosoftのPowerPointだけでなく、ExcelやWord、HTML形式のデータもカラーで扱える。まず、データをPC上にて、あらかじめ付属のソフトウェアで「Mobile Presentation」フォーマットに変換する。その後、PCよりVisorへデータを転送し、拡張モジュールとプロジェクターやディスプレイを、VGAケーブルで接続する。すると、Visorの画面に表示される専用アイコンをタップするだけで、ダイレクトにプレゼンテーションが行えるようになっている。さらに、標準装備のリモコンを用いれば、いちいちVisorを手に持って操作する必要もない。

拡張性の高さを武器に華々しいデビューを飾ったVisor。今後も、オリジナリティあふれる多種多様な拡張モジュールが登場してくることを期待したい。

関連記事 - 人気PDA「Visor」をデジタルカメラにする拡張モジュールが国内で発売
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2000/08/18/11.html

IDEO
http://www.ideo.com/

eyemodule
http://www.eyemodule.com/

MARGI Systems
http://www.margi.com/

Presenter-to-Go
http://www.presenter-to-go.com/

Handspring
http://www.handspring.com/



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報