UFOキャッチャーをネット上で、バンプレストが新サービス開始へ

プライズパークでは、景品を獲得できるゲームを用意している

バンプレストは、インターネットを活用した、新たなエンターテインメント関連事業「BigEntertainment」を開始する。UFOキャッチャーなどのような、ゲームセンターに設置され高い人気を得ている、景品を獲得できる形式の、いわゆる「プライズゲーム」をネット上で楽しめる。4月中旬にプレオープン、5月中旬に本格稼働する。

「BigEntertainment」いわばゲームセンターをWebサイト化したもので、4つのコンテンツが用意されているが、中心となるのは、「プライズゲーム」をWeb上で再現する「プライズパーク」だ。実際のゲームセンター用ゲーム機と同様に、「アーム」や「クレーン」を操作して景品を「吊り上げる」プライズゲームができる。

利用料金は、100円・200円・500円で、支払いはオンライン用のプリペイドカードやクレジットカードを使用できる。ゲームで獲得した景品は、ユーザーが指定した場所に宅配される。配送は有料だが、景品は1ヶ月間「保管」することが可能で、5-6個まとめてから宅配を希望する場合、配送料は無料にする。

また、「スーパーロボットタワー」は、同社の家庭用ゲームソフト「スーパーロボット対戦」のキャラクターを活用したメールソフト「スーパーロボットバトルメーラー」をこのサイトで限定販売(予価1,900円)、このソフトを使用した者同士で、ロボットキャラクターの対戦ゲームができる。これらのほか、キャラクター商品などの販売サイト「コントンタウン」、玩具やアミューズメントの関連情報を提供する「メディアセンター」も設ける。

バンプレスト
http://www.banpresto.co.jp/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事