中国で初のヒト型ロボット発表

人民日報は、長沙国防科学技術大学で中国が独自に開発したヒト型ロボットが発表されたと報じている。同誌によると、ロボットの名前は「先行者(先駆者)」で、全高1.4メートル、重量20キロ。基本的な動作や2足歩行などが行なえるという。

同大学が1990年に開発した中国初の2足歩行ロボットに比べ、歩行スピードが6秒に1歩から1秒に2歩に向上、さらに平面以外の誤差がある場所でも歩くことができるようになったという。さらにある程度の言語を理解することもできるとのことだ。

人民日報(日文版)
http://www.peopledaily.co.jp/j/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事