「Quickoffice」で、PalmでもWordとExcelファイルを作成、閲覧、編集可能に

米Cutting Edge Softwareは、Palmデバイスで「Microsoft Word97/2000」と「Microsoft Excel5.0/95/97/2000」のファイルを自由に作成、閲覧、編集可能にするソフトウェア「Quickoffice」を発表した。PalmVII/Vx/V/IIIx/IIIe/IIIc/IIIに加え、WorkpadやVisor、CLIEでも動作する。価格はUS39.95ドルで、12月31日より全米で発売される。

「PocketWord」や「PocketExcel」が標準搭載されたPocketPCと違って、PalmデバイスでWordやExcelのファイルを扱うのは、これまで大きな難点とされてきた。しかし、今回発表されたQuickofficeにより、この壁が完全にクリアされることになる。Quickofficeの構成は、同社が独自に開発したテキストエディタ「SmartDoc」にWordとの互換性をもたせたワープロソフト「Quickword5.0」、表計算ソフトの「Quicksheet5.0」、スプレッドシートの情報をもとにグラフを作成できるソフト「Quickchart」の3つがセットになっている。切り取りやコピー、検索、置換といった編集機能や、画面オートスクロール機能などを標準装備し、作成したファイルを電子メールで送受信することもできる。

普段Windowsプラットフォームのデスクトップで作業している環境を、モバイル環境においてはPalmOSでも実現可能になり、Palmユーザーにとっては嬉しいかぎりだ。ただ、現在のところ日本語への対応予定がないため、今後の発展に期待したい。

Cutting Edge Software
http://www.cesinc.com/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事