Kodak、Palm m100向けPalmPixを発表

Eastman Kodakは、Palm用のデジタル・カメラ・モジュール「PalmPix」に、Palmの低価格PDAである「m100」対応バージョンを加えた。

「PalmPix」は、PalmIIIシリーズ用のデジタル・カメラ・モジュールとしてすでに親しまれている。m100対応バージョンも基本的な機能はPalmIIIバージョンと同じだ。シリアル・ポートに接続して、m100のスクリーンを利用して撮影。m100はモノクロ画面であるため、m100上ではモノクロ画像となっているが、HotSyncケーブルを利用してコンピュータに転送すれば、カラー画像で楽しめる。画像サイズは640X480。m100の場合、メモリーが少ないという問題があるが、写真1枚あたりのファイルの大きさは約100Kとなっている。

レンズは固定焦点レンズ。デジタル2倍ズームを内蔵し、撮影距離は36インチ~無限大である。重量はわずか1.6オンス。対応OSはWindows9X、NT4.0、2000とMacintosh7.5.5以上となっている。m100は、シリアル接続部分の丸いデザインが特徴的だが、そこにうまくフィットするデザインにまとめられている。

価格は99.95ドル。まず、amazon.comが独占で予約を受け付け、引き続きKodakのサイトでも注文を受ける。出荷は12月半ばを予定しており、小売店に登場するのは2001年になる予定だ。

Kodak「PalmPix」
http://www.kodak.com/US/en/digital/cameras/palmPix/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事