Firepadから、PalmにPDFファイルを配信、閲覧するソリューションが登場

米Firepadは、米Adobeから正式にライセンスを取得し、PalmOS搭載PDAに配信するデータを作成するサーバー向けアプリケーション「FirePublisher」と、閲覧ソフトウェア「FireViewer」において、新たにPDFファイルをサポートすることを発表した。FirePublisherの最新版は、11月中に発売される。

FirePublisherは、一般的なテキスト文書や画像だけでなく、動画やHTML文書、PDFファイルなども、PalmOSを搭載した製品に配信できる形式へ自動的に変換する。PDAの小さなディスプレイに収まりきらないデータも、「360-Degree-Drag」機能により、解像度を下げることなく、画面スクロールによって表示できるように調節される。変換されたデータは、FireViewerによって閲覧する。Palm IIIc/IIIx/IIIe/Vシリーズに加え、VisorやTRGProも動作保証機種にあがっている。これまでに37万件のダウンロードが行われた、世界中で広く愛用されている閲覧ソフトだ。

次々と新しい機種が発売されているPalmデバイスだが、ソフトウェアやサービスもさらに充実し、ユーザーにとってはうれしい限りだ。

Adobe
http://www.adobe.com/

Firepad
http://www.firepad.com/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事