世界最小に偽りなし!! WindowsやLinuxまで動くマッチ箱サイズPC「TIQIT」

Matchbox PC「TIQIT」

米TIQITは、マッチ箱サイズPC「TIQIT」を販売している。CPUに66MHzのAMDの486SX互換チップを搭載、メモリはSDRAMが16MBで、HDDにIBM製の340MBマイクロドライブを採用している。サイズは約70×50×24(mm)程度で、重さは93gと小さいが、Windows95/98やLinuxが動作する仕様となっている。価格は、同社の通販で1,495米ドル。

同製品の特徴は、何と言ってもその大きさ。縦横サイズは一般的な名刺のサイズよりも小さいのに、現行のOSであるWindowsやLinuxが動いてしまう。SVGAに匹敵する解像度での表示も可能となっており(800×600で256色、1024×768で16色)、10baseのイーサネットにも対応しているなど、十分に実用に耐えられるだけの性能が、コンパクトなボディに詰まっているのだ。

もちろん、周辺機器との接続もできる。VHDCI(Very High Dencity Cabled Interconnect)というコネクタを使用し、周辺機器用ポートを集めたアタッチメントを接続することで、PS/2×2、シリアル×2、パラレル、10base用ポート、フロッピー用ポート、VGAポートが使用可能だ。

同製品は、もともとスタンフォード大学のWearables Laboratoryで開発が進められていた。同研究所では、試作品を1999年3月にドイツで開かれたCeBITに展示。同製品は、これをより実用的に改良したものとなっている。

TIQIT
http://www.tiqit.com/

ウェアラブルラボ
http://wearables.stanford.edu/



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事